YouTubeで収入を得るなら身に着けておかなくてはならないスキルがあります。

それは動画編集スキルです。

 

YouTubeはスマホで撮った動画をそのままアップロードすることもでき、それだけでYouTubeで収入を得ている人はいます。

いますが、より他者を出し抜き差を付けるなら動画編集スキルは避けて通れないものだと思います。

 

YouTuberで有名なヒカルさんも動画編集に関してはプロの方に依頼する程、編集と言うものは映像コンテンツに置いて必要不可欠なものなんです。

編集に関しては自分でやるか、人に任せるか、編集自体をやらない、この3つの区分に分かれると思います。

 

今やライバルが非常に多くなってきているYouTubeで生き残る為には是非、身に着けていただきたいスキルだと自分は思っています。

 

 

 

初心者向けの動画編集ソフトとは?

それでは動画編集ソフトについてお話していきます。

動画編集ソフトの中には無料で使えるものから有料のものまで様々な種類のソフトがあります。

この動画編集ソフトの選び方ですがどういった動画を作るのかによって、選び方が大きく変わってきます。

 

 

動画の種類について

 

動画の種類は大きく分けて4つに区分されます。

 

1:音楽動画

2:解説・実況動画

3:編集動画

4:スクロール動画

 

 

1:音楽動画

音楽動画とは背景やイラストを貼り付けて音楽だけを再生させる動画のことです。
上記の動画の様にイラストを背景化し音楽だけを再生させる事から編集作業が非常に簡単です。

初心者が取り組みやすい動画だと思います。

この様な動画を作成するのに、初心者に適した動画編集ソフトはWindowsムービーメーカーではないでしょうか。

Windowsムービーメーカー2.6のダウンロードはこちらからできます。

 

コチラのソフトはWindowsが無料で提供しているソフトです。

今回の音楽動画を作るだけでしたらムービーメーカーが非常に相性がいいので是非使用してみてはいかがでしょうか?

 

実際に自分がムービーメーカーを使って音楽動画を作ってみました。

動画をご覧の通り、作業はとても簡単ですよね。

音楽と背景をアップロードし、ドラッグ&ドロップでタイムラインに挿入するだけで完成と言う、初心者でも簡単に作れる動画です。

 

著作権などについては別記事で色々と書いてますのでそちらをご覧ください。

著作権についての記事はコチラから

 

 

2:解説・実況動画

この動画の特徴は主にPCの画面をキャプチャー録画(画面録画)することにより、PC画面の作業をダイレクトに相手に伝える事が出来るという特徴です。

先程自分が解説動画に用いた手法もキャプチャー録画の機能を使っています。

 

使うソフトはBandicamと言うキャプチャー録画ソフトです。

このソフトは無料版と有料版の2種類があります。

 

無料版にはいくつか制限があり、まず撮影時間が10分間と短いです。

それに撮影画面にはBandicamのロゴが表示されます。

 

表示が気になったり、撮影時間を無制限にされたい方は有料版をお勧め致します。

Bandicamの無料版ダウンロードはコチラ

 

 

この解説動画作成するには2種類の録画方法があります。

 

1:PC画面だけ録画をする方法

PCの操作だけを画面録画する方法です。

音声に関しては入り切りできるので、音声が必要であればONにして、必要がなければOFFにするだけです。

 

この動画を作る際は上手い人なら編集ソフトは使用することなく、このキャプチャー録画だけで動画を作る事も可能です。

実際に画面録画をしてみましょう。
動画を見てご覧の通り、録画ボタン一つで動画ができるのです。

録画前にきちんとしゃべる内容を整理してからしゃべらないと、いきなりフリートークで音声入れて画面録画したら自分の様にグダグダになりやすいので注意してくださいね。(笑)

 

人によっては画面録画した動画に字幕を入れたりする人もいるので、そういった編集が必要になる際はもちろん編集ソフトが必要になります。

編集についてはこの後、別動画でご説明していきます。

 

それでは動画でも言いました同時画面録画について解説していきたいと思います。

同時画面録画ではいくつか用意するものがあります。

 

・WEBカメラ

USBを差し込むだけであとはキャプチャーソフトを起ち上げればスグに使えます。

家電量販店で6000円近くしました。

HD1080pまで対応していて高画質録画に適しています。

 

 

 

・マイク

コチラはPCゲーム用のヘッドホンマイクです。

コチラは家電量販店で5000円位で購入しました。

PC用のスタンドマイクであれば2000円位で購入できます。

別にマイクがあればヘッドホンは正直いらないですね。

 

 

 

これらを用意しないと同時画面録画は出来ません。

*キャプチャー録画の際も音声を入れるのであればマイクは必要です。

それでは同時画面録画を実際にやってみましょう。

操作方法自体はキャプチャー録画とさほど変わりはありません。

違いは画面が1つか2つかの違いだけです。

 

編集ソフトを使わずに動画をYouTubeに投稿できるので初心者でも簡単に動画を作る事が出来ます。

ただこの解説動画などは喋りがメインになりますので喋りが苦手な方は台本など作成して喋る内容をしっかりとまとめておくことをお勧めします。

 

 

3:編集動画

この編集動画についてですが、これは動画にオープニングやエンディングなど入れたり、動画の合間に文字を入れたり、動画に編集を加えている動画の事を言います。

実際に自分が編集した動画をお見せいたしましょう。
ご覧の通り、動画にオープニングやエンディングを入れたり、効果音を入れたりテロップを入れたりと色々と動画を編集をしています。

この動画を作るのにWindowsムービーメーカーでも編集できないことはないですが、機能的に限界があるので自分は別の有料版の編集ソフトを使用しています。

それがこの編集ソフト『Filmora』です。

今回の動画編集は中級者レベルになりますが、このFilmoraを使う事により初心者でも簡単にできる様になります。

このFilmoraの大きな特徴はとにかくエフェクト効果が非常に多いという事です。

本来動画にエフェクトをかけるとしたら、自分で様々なエフェクトを組み合わせて文字にアクションをつけたりするのですが、このFilmoraは様々なエフェクトがテンプレート化されていてるので初心者でも簡単にエフェクトをかける事が出来ます。

 

filmora公式ページから無料でダウンロードできるみたいです。ちなみに自分は有料版を使っています。

永久ライセンス取るのに8000円位かかりましたかね。

 

このFilmoraはチュートリアル動画も多数ありますので初心者にとても優しい編集ソフトだと思います。

このFilmoraヴァージョン8.1は64bit対応ですので32bitの方はヴァージョン7.8が対応しています。

ちなみに自分のPCは32bitですのでヴァージョンは7.8になります。

 

動画編集などクリエイティブなものに関するソフトで言えばAdobeが代表的ですが、月額課金制なので初心者が始めるのに負担が大きいと思います。

 

Adobeに手を出すならある程度、知識やスキルを身に着けてからPremiere proやAfter Effectにチャレンジした方が良いと思います。

ちなみにAdobeの動画編集ソフトは64bitのみ対応となっています。

 

それではFilmoraで早速動画編集をやっていこうと思います。

動画をご覧の通り、今回は10分間と言う短い時間で動画を編集するという高難度の編集を強いられました。

filmoraの編集動画は今後もどんどん投稿していこうと思いますので、是非今後の記事もご愛読の程、宜しくお願い致します。
動画の中でも説明していたアノテーションについて解説していきたいと思います。

アノテーションとは動画の終わりの部分に関連動画や自身のWEBサイトへの案内やチャンネル登録の案内などできます。

 

設定方法などは動画で実際に自分がやってみますので参考にしていただけたらと思います。
アノテーション設定について動画を見てお分かりいただけたと思います。

アノテーションを設定する事によって関連動画へのアクセス数を増やすことが出来ます。

 

動画内でも話していますが、アノテーションを表示させるのに最低5秒間の時間枠は設けていてください。

そうしないと再生動画の上にアノテーションをかぶせる事になりますのでご注意ください。

 

カードについては動画で少ししか説明できなかったのでカードの設定について動画撮りました。

アノテーションと違いカードは動画再生中に関連動画やWEBサイトなどの案内ができる機能です。

動画再生中に5回カードを告知することができ、1回のカードで最大5つの動画やサイトの案内をすることが可能です。

このカードについては自分で好きなタイミングで告知することが出来ます。

 

 

4:スクロール動画

動画のタイトルが気になってクリックしたら文字がスクロールする動画を見かけた事が1度はあると思います。

ちなみにスクロール動画ってこんなのです ↓

このスクロール動画を作る為の編集ソフトは、ムービーメーカーでもFilmoraでも作る事が出来ます。

作り方の手順はまずはいくつか背景を用意し、背景の上から文字を表示させ、スクロール機能で文章を読ませていくのが定番なやり方みたいです。

 

実は自分はスクロール動画って作ったことないので分かんないんですよね(笑)

動画見てればどうやって作ってるのかは分かりますが、あまり作りたいと思いません。

このスクロール動画は好き嫌いがハッキリしています。

 

自分はどちらかと言うと嫌い派なんですけど・・・・(笑)

タイトルで興味持たせて再生したらスクロール・・・・

なんか視聴者をだましているように思えて気が引けますって方も多いのではと思います。

 

ですが稼ぐってことにフォーカスしたら、削除の心配もありませんし長く稼げる手法の一つでもあります。

自分はどちらかと言うとクリエイティブ思考が強い為、どうしても完成度の高い動画を作りたいと思っているのでスクロール動画はあまり作りたいと思わないんです。

 

やりたくないことやっても長続きしませんし、やっていて楽しいことが長続きする秘訣だと自分は思っています。

ですので、スクロール動画に抵抗がない方は、やった方が稼げると思います。

スクロール動画は編集能力と言うよりライティング能力の方が重要になってくると思います。

 

まずはタイトルが一番のキーポイントですから、ただタイトルを付けるのではなく何かしらの面白いひねりが必要になってきます。

自分はあまりスクロール動画には詳しくないので、スクロール動画のスペシャリストが色々と解説している動画がありますので、興味のある方はそちらをご覧になってみてください。

 

スクロール動画についてはコチラから

 

 

まとめ

動画編集についてザックリと動画で解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

動画再生時間も10分以内と厳しい条件の中での解説動画でしたが、少しは参考になっていただければ幸いです。

 

ここまで解説してきた通り、動画には様々な種類があります。

その動画によって使う編集ソフトも変わってきますので、まずは自分にあった編集ソフトやキャプチャーソフトを見つけてYouTubeで収益があげられるように頑張ってください。

この記事を書いた人

ナル男
ブログのプロフィール写真を撮ろうとカッコつけて自撮りをしました。
その写真を嫁さんに見せたらこう言われました。

『なんだ!このふざけた写真は!お前はナルシストか!今日からお前はナル男だ!』

その日以来、私のあだ名はナル男になりました。