今やYouTuberという言葉が存在するくらい生活の中でも身近になっているのがYouTubeです。

投稿した動画に広告を貼り付けて収入を得るのがYouTubeで収益を上げる代表的な方法です。

今回はこれからYouTubeを始めたばかりの初心者が一度はぶつかる壁、著作権侵害や伸び悩む再生回数について色々とお話していこうと思います。

 

 

初心者がYouTubeで再生回数を伸ばせない訳

2016年まではYouTubeは初心者でも非常に稼ぎやすい時代でしたが、2017年に入りgoogleがYouTubeに対する規制を強化した事で、これまで稼げていた手法が通用しなくなり、多くのyoutberが大ダメージを与えられました。

一体、googleが何の規制を強めたのか?

 

それは著作権侵害に対する規制強化です。

 

YouTuberとはYouTubeで稼いでいる人の事を言いますが、YouTuberには大きく分けて2つの種類があります。

まずはヒカキンさんやヒカルさんなど有名なYouTuberが多数存在します。

彼らの動画というものは自身でコンテンツ(動画の企画)を考え、それを自身で実際にやってみるというオリジナル動画です。

 

そしてもう一つはTV番組を録画したものなどをPCで編集してYouTubeに投稿するいわゆるパクリ動画です。

このパクリ動画というものは、TVで見逃したからYouTubeで見ると言った視聴者からの需要が多くあり、またHuluやGYOなど月額課金制のアプリと異なり、無料で動画を見れることから非常に稼ぎやすい動画として多くのyoutberがパクリ動画を投稿していました。

 

こうしたパクリ動画があまりにも多くなり、2017年の年明けに著作権侵害の規制強化にgoogleが踏み切った訳です。

 

 

著作権侵害で再生回数が伸びない訳

 

先程、YouTuberには大きく分けて2つの種類があるとお話しました。

オリジナル動画を投稿するYouTuberとパクリ動画を投稿するYouTuberの2種類です。

この2種類のYouTuberには大きな違いがあります。

 

それは再生回数の伸ばし方です。

 

オリジナル動画を投稿しているヒカキンさんやヒカルさんは、再生回数やチャンネル登録者数が増えるまで諦めずに努力して下積みを得て、今の地位を獲得していると言えます。

つまりホワイトな手法で正々堂々と勝負してきた訳です。

 

そしてもう一つ、パクリ動画を投稿しているYouTuberの再生回数の伸ばし方ですが、これは人気アニメや話題のドラマ、そしてスクープネタのニュースなど。トレンドを重視した動画ですので非常に再生回数が伸びるのが早いのです。

ですのでチャンネル登録者数も獲得するのも早いし、次々と動画をアップすればそれだけ再生されますのでドンドンとチャンネル登録と再生回数が増えていきます。

コチラは著作権を無視したある意味ブラックな手法です。

 

2017年からこのブラックな手法にメスが入り、今までその手法で稼いでた人達はパクリ動画を上げる事が出来ずYouTubeで稼ぐ事を辞める人が続出しました。

人気のある番組や話題性の強いニュース番組などは著作権規制が強まり投稿できない為、他の動画を上げてもなかなか再生回数が伸びなくなる訳です。

それに代わってホワイトな手法で投稿しているYouTuberはチャンネル自体に力がありますし、ブランド力もありますので、再生回数は安定的に稼げる訳です。

 

こうした理由により、パクリ動画でしか稼ぎ方を知らない人は非常に苦しい思いをした訳です。

ていうか、ほぼ自分の実体験なんですがね(笑)

 

 

googleにはもはや通用しない?ブラックな手法

2017年から著作権侵害の取り締まり強化がされ、ブラックな手法が通用しなくなりました。

なりましたが、100%通用しなくなった訳ではありません。

 

例えばAさんとBさんがお笑いの動画を投稿したとします。

Aさんの動画は著作権侵害により動画を削除されましたが、Bさんはある対策を取っていた為、googleの削除対象から外れました。

 

なんで同じ動画なのに削除されるものとされないものが存在するのか?

それは著作権の裏側を上手く突いているからです。

 

 

YouTubeの著作権はこうやって交わしていた

 

『著作権の裏側って何ですか?』

こういった質問が飛んできそうですね。

ちょっとここでブラックな手法について、いくつか解説してみたいと思います。

 

それではここであなたに質問です。

これは過去に自分がYouTubeで投稿していた動画のスクリーンショットになります。

下記の動画の違いについてお分かりになりますか?

 

動画A

動画B

動画Aと動画Bの違い、誰が見てもお分かりになりますよね。

見て明らかに違うのは画面の比率や大きさです。

 

ではなぜ、画面の大きさなどを変える必要性があるのか?

もちろん著作権侵害のペナルティを回避する為ではあります。

動画Aと動画Bについて解説したいと思います。

 

動画A

この動画は2016年の年末に放送された、おもしろ荘に出演をしたブルゾンちえみの動画です。

これはTV録画したものをそのままYouTubeに投稿した動画になります。

TV録画したものをそのままYouTubeに投稿するのは完璧に著作権に引っかかります。

投稿した時点でスグに警告が来ますし、再生できなくされてしまいます。

 

動画B

コチラの動画は動画Aと同様の動画になります。

パッと見て動画Aとは明らかに構成が違います。

 

まずは赤枠の部分から解説をしていきます。

よくお笑い動画や人気アニメなどの動画でこういった構成を目にしたことのある方が多いのではないでしょうか?

なぜ、わざわざ画面を小さくして見ずらくしているのか?

それは、画面の大きさや画面の比率を変えることでTV番組の動画ではないとgoogleに誤認識させる為です。

 

自分がこの動画Bで施したgoogleへの対策はコチラ

・動画の背景は投稿動画をトリミング(サイズを変える事)して動画を拡大化した状態にし画質を落としてセピア状にし、TV番組と同じ動画サイズや画質にしないことでgoogleに誤認識させる方法を取りました。

・赤枠部分は画面を縮小させることでgoogleへの誤認識させるようにしました。

コレがあまりサイズが大きいと誤認識されにくいので動画サイズの1/3位が理想ですかね。

・あえてチャンネル名を動画内に入れる事でオリジナリティーを出し、googleにオリジナル動画だと誤認識させる方法を取りました。

・音声はピッチを変えることで声のキーを高くし、音源もTV番組とは違うものとgoogleに誤認識させる対策をとっています。

 

以上、自分は上記のような対策を取ってパクリ動画を投稿し続けていましたが、この対策でも今年の2月にペナルティーで動画削除ではなく、いきなりアカウント削除(通称アカBAN)され確定報酬20万円がパァになりました。

もちろん、このような対策を取っていて残っている動画もありますし、すぐ消される動画もあります。

googleがどの様なアルゴリズムで取り締まりをしているのか、非常に対策を立てる方としては大変です。

 

少なくとも2017年の7月現在ではこの手法は正直お勧めできません。

アカウント削除のリスクが非常に高いです!

 

では今現状どうやってYouTubeで稼いでいくのか?

自分がYouTubeを見ていて2017年の下半期にやる再生回数を上げる方法を解説していきたいと思います。

 

 

2017年下半期、自分はこうして再生回数を伸ばします

自分が今、再生回数を稼ぐのにYouTubeで目を付けているのは音楽動画です。

もちろんPVやMVなどの動画とかではないですよ。そんなの投稿したら速攻で削除されちゃいますからね。

よくイラストや背景だけの動画で音楽だけ流れている動画ってありますよね。

 

例として下記の動画で解説したいと思います。

 

よくを見ると何気に再生回数が多いんですよ!

赤枠を見ると分かりますが再生回数が800万再生もされていますね。

 

続いてチャンネル登録者数を見てみると9000人の視聴者がチャンネル登録しているのが分かりますね。

2016/5/20に公開ということは、現在2017年の7月ですからおよそ14カ月で800万再生されているという事が分かります。

単純計算で800万÷14カ月で1ヵ月あたりの平均で見ると、およそ57万再生されているという事です。

それくらい音楽動画は再生されやすいジャンルなんです。

 

ここで一つ注意があります。

EXILEやAKB48などの国民的人気の楽曲はNGです!

アップロードと同時にブロックされちゃいますから。

 

今回自分がご紹介した音楽動画は下記アニメのEDテーマになります。

今や日本アニメは世界から高評価を得るほど注目されるコンテンツの一つです。

ですが、アニメに関しては好き嫌いがある為、興味のない人からすればニッチなジャンルにもなる訳です。

いくらアニメの人気があっても日本人口からすればごく一部の人気になってしまう訳です。

 

ここで一つ質問をします。

EXILEとアニソンではどちらが国民的重要があると思いますか?

間違いなくEXILEだと思いますよね。

もし、国民的需要があるもので音楽動画を投稿すれば、もちろん著作権のペナルティーを受けやすくなってしまいます。

 

逆にごく一部のジャンルで人気がある、いわゆるニッチなジャンルでの音楽動画などはどうでしょうか?

視聴者層が一部に特定されているので、EXILEの様な需要規模ではないという事です。

ですので国民的需要のある音楽に比べて、ニッチな音楽の方がYouTubeでは稼ぎやすいという事です。

 

 

 

音楽動画を投稿するならアニメジャンルがおススメ

 

アニメのパクリ動画が難しくなった今、MADや先程説明した音楽動画で再生回数やチャンネル登録者数を増やす手法にシフトしているYouTuberも多いのではないでしょうか。

 

 ちなみにMADって何ですか?って質問が来そうなので、参考までに自分が5歳の双子のチビ達に頼まれて作ったMAD動画を貼り付けます。

MADとは分かりやすく言うとTVアニメのシーンを自分好みに再編集する動画です。

主題歌をそのまま使用する人もいれば、違う主題歌で再編種をする人もいます。

 

MADは非常にセンスがいりますし、編集は色々なシーンを集めなくてならない為、作業が何気に大変です。

動画編集スキルも必要ですし、編集ソフトも必要になりますので初心者向けではありません。

動画編集についてはまた別の記事で色々と解説したいと思います。

 

これからYouTubeを始める初心者向けなら、最初に解説した音楽動画の方が取り組みやすいと思います。

 

 

 

音楽動画の著作権は大丈夫なの?

 

音楽動画はもちろん楽曲で著作権に引っかかるのですが、実は著作権は申告制なので相手側が訴えてこないと著作権侵害は成立しません。

google側で警告は出してきますが、この音楽動画についてはあまり動画削除されることはありません。

上記は著作権に引っかかった際に来る、googleからのメッセージです。

動画を再生してもいいけどその広告収入で得た利益をこちら側(著作権者)にくださいね

分かりやすく言うと、こういう解釈なんです。

 

先程、自分が紹介したMAD動画も実はTVの映像と楽曲が著作権に引っかかっているのです。

 

 

上記の赤枠の中のリンクをクリックすると下記の様に著作権侵害の内容が記されています。

この様な警告が来た際は、まず動画の収益化はできません。

視聴制限がかかっていないので動画自体は再生できますが、広告収入は著作権者に行く事となります。

 

コレが仮に楽曲に対して視聴制限がかかると音源がミュート状態で動画が再生されたりします。

動画削除はされませんが使用できないコンテンツを使用していると、こういった対応をgoogleが取ってきます。

 

ですので再生回数を稼ぐのに、このMADや音楽動画でまずはチャンネル登録者数と再生回数を増やしつつ、子供のおもちゃ動画やゲーム実況動画などのホワイトな手法で再生回数を増やし収益化に繋げる。

こういったスキームを現在自分は考えています。

 

今現在YouTubeは収益化するのにチャンネル総再生回数10000回を越さないと収益化されません。

しかも、10000回に達した時点でgoogleから審査が入りますので音楽動画で稼いだ再生回数は除外される可能性もあります。

 

ですので最初は音楽動画では再生回数よりもチャンネル登録者数を増やすことに専念した方が良いかもしれません。

チャンネル登録者数を増やすことで動画を投稿する度に登録者から動画を再生されやすくなります。

 

初心者がYouTubeを始めて最初は再生されないのはこの登録者数の違いです。

ですので音楽動画などでまずはチャンネル登録者数を増やし、ある程度ホワイトな動画が再生され始めたら音楽動画は削除します。

 

そうすることでアカウント削除やペナルティーのリスクを軽減します。

YouTubeはとにかく目立ってなんぼですので、まずはチャンネル登録者数を増やすことから始めてみてください。

より詳しい内容が知りたいアナタはコチラをご確認ください

 

~追  記~

2018年2月20日よりYPP(YouTubeパートナープログラム)の規約が変わりました。

・チャンネル登録者数1000人以上 

・直近12ヶ月のチャンネル総再生時間4000時間以上

このノルマをクリアして初めてYPPの審査の対象となります。

ここで審査に通って初めて収益化ができる状態となり、新規参入者にとってYouTube業界は非常に厳しい状況になりました。

 

ですが、それはYouTubeで集客ができない人の話です。

YouTubeで集客ができる人はこのノルマを簡単にクリアできます。

知っているようで意外と知られていないYouTubeの仕組みをきちんと勉強して知ることが出来れば、あなたもこのノルマを達成する事ができますよ。

YouTubeの仕組みを知りたい方はコチラをクリック

この記事を書いた人

ナル男
UUUMクリエイターとして活動中の副業YouTuberナル男です。
2018年のYPP(YouTubeパートナープログラム)の改正により収益化から外される悲劇が起きました。
現在はアドセンス報酬からASP案件に切り替えてYouTubeアフィリエイトをしています。
YouTubeの他にサイトアフィリエイトもやっています。
WordPressの作成、カスタマイズ、デザインまで全て一人でやっています。