Youtubeに動画を投稿したけれど、全然再生されない・・・。

そんな悩みを抱えている方は多いんじゃないでしょうか?

私自身、Youtubeアフィリエイトを1年近く実践していますが、最近までこうした悩みを抱えていました。そこで、色々とYoutubeで動画を視聴したり、リサーチしたりして、再生回数が増えない動画には”ある特徴”があることに気がつきました。

・・・逆に言えば、そのポイントをクリアすれば、「再生される動画」を作ることが可能だと言えます。

では、私がYoutubeアフィリエイトを実践していて、再生回数がショボいような動画に共通する5つの「残念なポイント」をご紹介していきます。

1.チャンネルが弱すぎる

Youtubeには毎日たくさんの動画がアップロードされています。

ですが、それらの動画は、

・たくさん再生されるもの

・全く再生されないもの

の2つに大別できます。

個人的な感覚ですが、Youtube内で再生されない動画の99%は「チャンネルの弱さ」に起因していると思います。

「チャンネルが弱い」というのは、

・チャンネル作成日

・動画の数

・再生回数

といった、「チャンネルの歴史が浅い」ということです。

一般的に、たくさんの再生回数を稼げるチャンネルというのは、「チャンネル作成日が古く、動画の数もそれなりにあり、きちんと視聴者に見てもらえている」ものです。

例えば、毎日何十万回も再生されているような「ユーチューバ―」のチャンネルを見てみてください。

ずいぶん前から動画投稿を始めている人ばかりだと思います。

また、そんなユーチューバーの方のチャンネルにアップされている動画の数は、少なくとも100本以上はあると思います。

・・・逆に言えば、「最近作ったチャンネルで、動画数も少ない」のに再生回数が稼げるわけがないのです。

もちろん、ごくまれに1本の動画がヒットして何百万回も再生されることがありますが、そういったのを狙うのは博打要素が強いですし、他に動画をアップしても見てもらえない可能性があるわけです。

2.動画が面白くない

私自身、Youtubeアフィリエイトを2016年からやっていたのですが、

1年たっても思ったように再生回数が伸びずに悩んでいました。

チャンネルにアップロードされたいくつかの動画に関しては、

そこそこ再生されていはいるものの、

再生されないものは全く再生されないという状況でした。

・・・そこで、とある方に相談して、「なぜ再生されないのか?」を教えてもらったところ、衝撃の事実が判明しました!!

なんと・・・「動画がつまらないから」だということが判明しました(笑)

シンプルな答えですが、私には盲点でした。

そう、Youtubeで動画を再生してほしいのであれば、

「面白い動画を作ればいいだけ」の話なんです。

例えば、動画にテロップを入れたり、BGMを流したり、

半ば無理やりにでも動画にストーリー性を持たせたり、

オチを作ったりすることで、ただ垂れ流すだけの動画より「面白い」ものができあがります。

ちょっとした手間ですが、そういったところを工夫するだけで、

チャンネル登録者やファンが増えて、どんどん動画が再生されるチャンネルに成長させることが可能なんです!!

3.タイトルのセンスがない

タイトルがうまくつけられていないせいで、

せっかくのチャンスを棒に振ってしまっている人も見かけます。

・・・Youtubeには、グーグルなどの検索エンジンで

「○○という動画が見たい!」と、

キーワードを打ち込んで動画を探しにくる人もいます。

例えば、「PPAPの動画が見たい!!」と思って

調べてくる人がいたとしても、

動画のタイトルに「PPAP」関連のタイトルが入っていなければ

検索結果に表示されることはないため、再生されることはありません。

Youtubeでは、そういった「検索エンジン経由での流入者」を獲得するための対策も行わなくてはなりません。

要するに、PPAPのダンスの動画を撮ったのであれば、

「PPAP踊ってみた」とか「PPAPの振り付け」とかいった

キーワードを入れたタイトルにしなくてはなりません。

しかし、実際にはそういった動画に

「面白いダンス動画」

「友達と爆笑したwww」

というような、キーワードがうまく設定できていない動画を

アップロードしている人がいるのも事実です。

要するに、

「動画が再生されるために最適なタイトル付けをする」

ことが重要なのです。

4.サムネイルが地味

面白い内容の動画を何本もアップロードしていても、

なかなか再生回数が稼げないチャンルも存在します。

そういった動画は、「サムネイル」をきちんと作っていないことが数多くあります。

サムネイルとは、Youtubeの検索結果や関連動画欄に表示される動画の画像部分のことで、視聴者を惹きつけるために重要な役割を果たします。

文字を入れたり、衝撃的な画像や色でサムネイルを目立たせたりするだけで、

同じ動画でもずいぶんと再生回数が変わってきます。

・・・例えば、下の画像のように、文字をちょっと挿入するだけでも、同じ画像から受けるイメージや興味性は変わってきますよね?

こういった工夫をして、視聴者に興味を待たせることも、

再生回数を稼ぐためには大切です。

Youtubeのサムネイルの作り方と3つのコツ

5.ニーズがない

面白い動画を毎日作って、サムネイルもきちんと設定して、

コツコツと動画をアップロードする・・・。

これができればそれなりに再生回数を稼ぐことは可能です。

・・・ただ、本当にそれだけで稼げるようになるんでしょうか?

実は、そんな単純な話でもありません。

数年前まで「パ〇ドラ」というゲームが流行りました。

当時は、それに関連する動画はたくさん再生されました。

ですが、今「パ〇ドラ」のゲームの動画をアップしたらどうでしょうか?

もちろん、根強いファンの人は見てくれるかもしれませんが、

そういったものに興味を持ってくれる人は限られてしまうわけです。

あなたは今さら、「パ〇ドラ」の攻略動画なんて見たいと思いますか?

つまり、「ニーズがない」ような動画を作っていては、

いくら面白くて工夫した動画を作っても再生されないということになります。

まとめ

いかがでしたか?

今回は「Youtubeで再生回数が増えない動画の5つの特徴」に関してまとめてみました。

この5つのポイントに関して、もう一度あなたのYoutubeチャンネルを確認してみてください。

動画自体は面白いですか?

サムネイルは、視聴者を惹きつけるものですか?

こういった点を押さえて、初めて「再生回数が稼げる(可能性がある)」動画になるのです。

・・・という感じでYoutubeで再生回数を伸ばすためのいくつかのポイントを紹介してきましたが、実は今回紹介したのはYoutubeで稼ぐための基本中の基本で、「できて当たり前」のことなんです!!

ライバルと差をつけるには、それを押さえたうえで「とあるテクニック」を使えば、驚くほど再生回数が増えていくはずですよ。

気になる方は、ぜひ下の無料ウェブセミナーに申込んでみてくださいね♪

この記事を書いた人

W.T.
W.T.
Youtubeアフィリエイトを現在進行形で実践中。
ネットビジネス歴は1年ちょっとの見習い研究生です(笑)
日々どんな動画がヒットするのか模索しています!!