こんにちは。

 

皆さんは、 Youtubeで

「テキスト動画」

なんてのを見かけたことがある人は多いかもしれません 。

 

テキスト動画というのは

画像と文字を組み合わせて、ただ文字を垂れ流しているだけの動画のことです。

 

みなさんも Youtubeで

「 あ! この動画おもしろそう!!」

と思ってクリックしてみたところ、

文字がびっしり並んだテキストがスクロールするだけの

つまらない動画でイラッとしたことはあるかもしれませんね 。

 

では、Youtubeではなぜそんなテキスト動画が存在するのでしょうか?

今回は、Youtubeでテキスト動画が大量に存在している理由について見ていきましょう。

簡単に作れる

テキスト動画と言うのは一般的に、「簡単に作れる」動画です。

 

また、声を出したり、顔を出したりする必要がなく

初心者でも簡単に実践することができるものとされています。

 

ただ文字と画像組み合わせただけの動画だと、

うまくやれば5分もかからず作ることができます。

 

そして、そうした動画を大量にアップすれば、

何らかの動画がヒットして再生回数を増やし、お金を稼ぐことができる・・・。

 

だからあんなに低品質でつまらない動画が大量にアップされているわけです。

 

・・・確かにテキスト動画は、工夫次第で再生回数を稼ぐことが可能で、

Youtube初心者にはおすすめの手法として知られてきました。

 

これからの時代、Youtubeアフィリエイトを実践する人も

増えていくであろうと思われますが、

そういったテキスト動画は今後も増えていくのでしょうか?

テキスト動画の今後は!?

今なお大量に存在するテキスト動画ですが、

低品質なニュースのコピペ動画だったり、

視聴者の期待を大きく裏切るスパム的な動画は淘汰されていくことでしょう。

 

つまり、これからはだんだんそういった

テキスト動画で稼ぐことが難しくなっていくと思います。

 

そもそも、テキスト動画というのはクオリティが低くなりがちで、

視聴者を満足させることができません。

 

そのため、どうしてもタイトルやサムネイルで「視聴者を釣る」必要があるわけです。

 

例えば、

ちょっと大げさにタイトルをつけてみたり、

目立つようのサムネイルを作ってみたり ・・・。

 

ただ、そういった行為は

「ユーザーの誤解を招く」ようなコンテンツであり、

Youtubeのポリシー違反となり、いずれ消される可能性があります。

 

私自身、そういった行為でYoutube からチャンネル削除された経験があります(泣)

⇒⇒Youtubeアカウントが消されて収入が0になった話

 

テキスト動画=消される可能性が高い動画

だと思っておいて間違いないでしょう。

 

・・・ですが正直なところ、

テキスト動画が100%、 Youtubeからなくなることもないと思います。

実際、登録者が多いチャンネルのなかには、

テキスト動画を中心とした動画をアップロードしているものもありますからね。

 

つまり一部のジャンルではそういってテキスト動画に需要があり、

それに満足している視聴者もいるわけです。

 

また、今もたくさんのテキスト動画がアップロードされており、

Youtube側もいちいち対応することはできないわけです。

 

よって残念ながら、「Youtubeでテキスト動画が0になる」ことはないでしょう。

 

しかし、必ずしもすべてのテキスト動画が生き残るというわけでもなさそうです

実際、Youtube側も低品質な動画やチャンネルの取り締まりを強化しているからです。

 

そして、消されるかどうかの1つの大きなキーポイントは

「視聴者を満足させられるかどうか」

だと私は思います。

 

つまり、テキスト動画でも、きちんと視聴者を満足させて

価値を提供できるものは残っていくことになるのです。

 

逆に、ニュースをコピペして画像を組み合わせた

手抜き動画なんてのは、全然面白くないので

そのうち消える運命にある、ということです。

 

 

・・・確かに、そういったテキスト動画でも、

消されるまでは稼ぐことは可能でしょう。

 

ただ、低品質なテキスト動画は作る側もつまらないですし、

Youtubeに見つかれば、アカウント停止などのペナルティを科せられることもあるので、

これからの時代、そういった「テキスト動画で稼ごう!」ということ自体、

ナンセンスなんじゃないかな、と思います。

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は 「Youtube でウザいテキスト動画が多い理由」について考察してみました。

 

Youtubeにはまだまだうざいテキスト動画は存在するかもしれませんが、

逆に言えば、これはチャンスなんじゃないでしょうか?

画像とテキストだけの低品質な動画ではなく、

自分なりのオリジナルで面白い動画を作ることさえできれば、

そういったライバルを出し抜いて、

再生回数は稼ぐことが可能なんですから!!

 

「でも、面白い動画のネタが見つからない・・・」

 

そんな人は「Youtube動画のネタを見つけるための3つのコツ」の記事もチェックしてみてね。

Youtube動画のネタを見つけるための3つのコツ

正しい情報を手に入れて、Youtubeで人気チャンネルを作っていきましょう!

この記事を書いた人

W.T.
W.T.
Youtubeアフィリエイトを現在進行形で実践中。
ネットビジネス歴は1年ちょっとの見習い研究生です(笑)
日々どんな動画がヒットするのか模索しています!!