ATSUSHIです。

 

自社のホームページの内容や商品の販売ページは、
ユーザーに刺さるクオリティの高いものが求められます。

 

では、サイトの立ち上げや運営に先立って
市場やライバルのリサーチは、
どのようにやっていくべきなのでしょうか?

 

検索結果に表示された広告をクリックするような人は
比較的、すぐに問題解決をしたいとか、商品そのものを探している
といったように、顕在層といわれる方たちです。

 

一方、コンテンツページに表示された広告をクリックするような人は
前者に比べて緊急性は少なく、何となく興味がある
といった潜在層といわれる人で、多くの人はこれに当たります。

 

顕在層にはもちろんですが、潜在層にも興味を持ってもらい
今すぐ商品を手に入れないといけない、
ということを気付かせる必要があります。

 

webサイトや販売ページ作成に先立ち、
リサーチは欠かせないものです。

 

商品やサービスを手にとっていただく、という前段階で
ユーザーの悩みを理解し、共感すること
あなたの訴えを聞いてくれる耳を持ってもらえます。

 

それができれば占めたもの、後は背中を押してあげれば
ユーザーはwebサイトや販売ページを最後まで読み

あなたの商品を買ってくれたり、
サービスに申し込んでくれたりします。
 

 

知識のない人が作ったサイトなんて読まれない

 

自分が商品を売ろうとするからには、
商品やその分野についての知識を持っており
それを分かりやすく伝えないといけません。

 

販売にしても営業にしても、
お客さんから聞かれたら即座に答えられないと、
この人から買おうなんて思いませんよね。

 

リサーチで大事な事はこの2点です。

 ・お客さんの悩みを完全に理解する

 ・知識を付けて専門家になる

 

大事なのはユーザーの悩みを理解し、共感してもらう
でなければ、そもそも話を聞いてくれません。

 

あなたに市場や商品のジャンルなどの知識がないと
お客さんの悩みを解決することはできないし、
そんな人から商品を購入しようなんて思わないですよね。

 

webサイトや販売ページ作成時に
スラスラと文章が出てこないようなら、
それは明らかにリサーチ不足です。

 

では具体的に、どんなことにポイントを置いて
市場をリサーチしていけばよいのでしょうか?

 

1.扱う商品やサービスの他社サイトをリサーチ

 

まず最初に自分の商品やサービスの
webサイトや販売ページを読み返した上で、

ライバルのwebサイトや販売ページを
何度も読み返してみましょう。

 

自分がその商品やサービスについて
理解しておくのは当たり前のことですが、
ライバルのことを知っておくのはとても大事な事です。

 

別に難しく考えることはありません、
ライバルのと思われる3~5社を選んで、

何度も読み返し、キーワードや刺さるコトバ
たくさん抜き出してみましょう。

 

webサイトや販売ページというのは
店舗と並んで、企業にとっては
いちばん大事な収入源です。

 

過去に多くのテストを繰り返し、改善に改善を重ねて
ユーザーに刺さるクオリティに作り上げられています。

 

ユーザーに刺さるキーワードが
意図的に散りばめられたキーワードの宝庫です。

 

単純に上から順に拾い出していくだけでもOKです。

 

また、使ったお客さんの感想や意見などが
多く掲載されているはずです。
お客さんの過去の悩み、商品を使った後の感想など
特に参考になるところです。

 

似たようなライバル商品であれば、
商品名さえ変えれば、ライバルサイトから
使えるキーワードは多いです。

 

自社の販売ページよりも、ライバル商品の販売ページに
より良いキーワードをみつけられるかも知れません。

それらをジャンジャン拾い出していきましょう。

 

2.SEOサイトリサーチ

 

ヤフーやグーグル検索で、
商品名や商品のジャンル名で検索してみます。

 

広告で表示されているものを省き、上位にあるサイトから
3から5サイトをチェックしてみましょう。

 

SEOで上位にあるサイトというのは、
トップアフィリエイター(販売代行する人)やライター集団
運営歴が長い、リンクが多い、アクセスが多い、など

サイトを作成する者すべてが目指すところです。

 

そんなサイトの記事ですから、
内容が薄い訳がありません。

 

ここに書かれている内容は、アフィリエイターや
ライターなどの方がリサーチしたものが集約されているのです。

 

それを参考にしない手はないと思いませんか?
 

 

3.ヤフー知恵袋、教えてgoo、OKwaveをリサーチ

 

ヤフー知恵袋などの口コミサイトをリサーチすることは、
ユーザーの生の声を聞くことができるので、
絶対に欠かすことのできないステップです。

 

ここでは悩みを持つ人がどんな人なのか
実際にどのような質問を投げ掛けているかに注目します。

 

回答については、アフィリエイターがアフィリリンクを張って
自分のサイトに誘導しているものが多数ありますので、
あまり見る必要はありません。(自作自演)

 

それよりも質問をしている人はどんな人なのか?

を細かく見ていって下さい。

 

年齢、性別、悩み、身長、体重、職業、
友だちや同僚、家族構成、失敗談など、

分かることは全て書き留めて、
リアルな一人間像をアタマに焼き付けましょう。

 

そのような方がそのまんま、
販売ページ作成の際のターゲットになります。

 

つまり、これらの口コミサイトを深掘りするというのは、
商品やサービスを求めているターゲットを明確にするには
最適の方法なんですね。

 

それこそが、あなたが勧める商品やサービスを
買ってくれるお客さんになり得る人なのです。
 

 

いかがでしたか?

 

リサーチに役立つサイトって、
これ以外にもたくさんあるはずです。

 

トレンドキーワードのサイトだったり、
テレビで取り上げられた情報を発信しているものだったり、
女性向けに化粧品専門のレビューサイトとかもありますね。

 

あまりたくさん紹介しすぎても、サイト訪問ばかりに
時間を取られすぎてもいけないので、これくらいにしておきます。

 

とはいっても、今回ご紹介した3つの方法で
深くサイトをリサーチするだけで、
ユーザーに刺さるサイトを作ることはできますからね。

自社のwebサイトや販売ページで売上をあげるには
ユーザーの感情を揺さぶって、即行動に移らせるような
中身の濃いものが必要不可欠です。

 

そのためには、リサーチで手を抜いてはいけない
ということが分かっていただけたでしょうか?

 

あなたもぜひ、この方法を取り入れて
成約率の高い販売ページをたくさん作って下さいね。

 

99,000円で売っていた、あの優良教材が無料配布中!?

記事を読んでいただきありがとうございます。
 
今回の記事はあなたにとって、
ちゃんとお役に立てたでしょうか?

 
ところで、あなたが今実践しているネットビジネスやネット副業
うまくいっていますか?稼げていますか?

 
それとも、ノウハウコレクターに片足を突っ込んだり
稼げるかどうかもわからないような高額塾

あなたの大切なお金をつぎ込もうとしていませんか?

 
その行動チョット待ったーー!

ですよ。

 
あなたは今日、この記事に出会うことで
今まで手にしたことのないような濃い内容の教材を
なんと無料で手に入れることができるのです。

 
秘密の花園の入り口に迷い込んできたようです。

ラッキーでしたね。

 
ボクがかつて、99,000円で購入したネットビジネスの教材が無料です。

あなたはそれを、受け取らない理由があるでしょうか?

 
→99,000円で売られていた教材を無料で手に入れる

 

あなたが目指すネットビジネス像、得意なものは何ですか?

ブログ、YouTube、電子書籍、DRM、メルマガ…
このうち、あなたがどれかひとつでも実践したことがあるなら
この教材が無料でどんな事を教えてくれるのか、

ちょっと覗いて見るだけでも損はないのではないでしょうか?

 
でも感の鋭いあなたなら、こんなことを思ったかもしれません。

 
『どうせ99,000円で販売していたとしても、
今は新しい商品出してて、今ではただのフロントでしょ。
そうなんです、そのとおりなんです。

 

無料で教材をもらったら、そのうち
有料教材のオファーがあるのです、あなたに。

 
そこであなたは、こんなふうに思ったでしょう。

 
『ヤベ~、20~30万円の高額塾のようなものを売りつけられるぞ~』
そんなバックエンドを思い浮かべたかもしれません。

 
多くのコンテンツマスターといわれる人はそのようにします。

 

それが本来のバックエンドといわれるものです。
それがこの世界のセオリーですから。

 
でもここで紹介するコンテンツマスターkenさんは、
ただのコンテンツマスターとはわけが違います。

 
そのバックエンドとは一体いくらだと思いますか?

 
 
9,800円です。

 
まぁ、ただし会費制で月額9,800円なのですが、
kenさんはちょっと変わってて、
入会してすぐに全ての教材を渡してしまうのです。

 
コレってどういうことか分かりますか?

 
1ヵ月以内に退会してしまえば、
高額塾並みの教材を9,800円で購入したようなもの、

ということになるのです。

 
教材に関するコンサルは1ヵ月のうちに何度も受けられるし、
 
 ◯◯◯売買、

 最先端ネット◯◯◯ビジネス、

 ◯◯億り人、

 
いくつものチャットワークグループを作って
常に新鮮な情報を共有してくれます。

 
あなたもそのグループに入れば、仲間のやる気が伝わってきて
こりゃ、自分も負けちゃいられないな~って、

モチベーションが上がること間違いなしです。

 

そのkenさんは教材を売って儲けようとしていないのです。

 

このコンテンツマスターkenさんが目指すべきところは
計り知れないものがありますよ…

 
いや~、ボクもついつい熱く語ってしまいました。

 
おさらいしましょう、

まずは、ボクが99,000円で購入したネットビジネスの教材を
あなたは無料で手に入れて下さい。

 
全てはそこからです。
その次のことは、この無料の教材を手に入れた後で判断して下さい。

 
→99,000円で売られていた教材を無料で手に入れる

 

この記事を書いた人

ATSUSHI
ATSUSHI
ATSUSHIです。

ネットビジネスはビジネスです。
正しいノウハウをもとに、作業を継続することで
報酬を手にすることができます。

クリックするたけで…
1日3タップで…

それって、ビジネスとは言いません。
故に報酬を手にすることもできないのです。