万引き家族、71回カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞。

この映画は、日本の格差社会問題、子供の虐待、DV、年金詐称問題を提起している。

映画上映中です。

日本の格差社会問題

格差問題は、非正規日雇い派遣労働者の厳しい実態。

怪我したら金稼げない現実だ。労災はでない、有給もない。

非正規は使い捨てか。働けなくなると、とたんに収入がなくなる。

そのような人への社会インフラは自己責任に帰するので

ない。

 

子供の虐待

子供の虐待は、色々な事情で子供をいじめ、その虐待をした快感が忘れられず

ずーと続けてしまう親の凶行だ。子供がいらないか嫌いかなのでしょう。

最近でも虐待で子供殺しちまったというニュースが流れている。

子供は親の所有物ではない。別な一人の人格をもつヒトだ。

自分が面倒見切れなけらば人に頼め。

公的機関に任せろ、殺すことはないだろう。

 

DV

夫の暴力、半端ではない。

こんな性格な男がいて、暴力で付きまとう。

こんな暴力男から逃げても、そいつは一生懸命探すんだ。

暴力を続けるために。

こんな男はやらないと、やられる。

 

この映画ではやられるのでやってしまったという事になっているが。

 

年金詐称取得

ここで年金を受給している本人が、亡くなった時

どうするか?

亡くなったことが知られると困る人がいる時

どう人は行動するのか?

 

自分の場合だが、わざわざ200万円もかけて死んだ人のために金を使える人は

それでいい。

使えない人は、家の下に誰にも知られず埋葬。

そして生きるため年金を受領……と

映画は進んでいくが。

 

自分も死んだら、葬儀をしてもらいたくないな。

そんな金があれば、生きている人の生活の糧にしてもらいたいものだ。

200万円は自分の葬式費用とし積立してる。

200万あれば葬儀費用は、まかなえると生命保険会社の調査もある。

 

かつて、血がつながっていて、家族の絆があった。

 

この万引き家族には。

血のつながりがない関係がある。

 

実の父ちゃんでも子供は父ちゃん父ちゃんといって

慕わない時代になった。

暴力ばかりしていたら、育児放棄した親だったら、

子供は父ちゃん父ちゃんと実父に頼ってこなくなる。

当たり前だよな、そんなにいじめ倒されては

とても父ちゃんは父ちゃんではない。母ちゃん母ちゃんでもではない。

そんな時代なんだ。

 

そうなってしまった社会的弱者

虐げられた人間でもあっても

何か稼ぐ手段を身に付けておくと

生き抜ける気がしませんか

そのような手段を身に付けることができる環境にあるあなたへ

 

それがアフィリエイト(インターネットを使ったビジネス)

です、

このコンテンツマスター塾で学べます。

是非この機会に、この塾の

無料の教材で学んでください。

入塾すればその生きる術が

身につくと信じます。

このURLをクリックして

無料教材をダウンロードしてください。クリックしてください。

コンテンツマスター塾ZERO2

必要なあなたであれば

ダウウンロードして、サポート受けられます。

無料です。