川崎貴志 印税システム 1BCプロジェクト

これはどんなキャンペーンなのでしょうか?

私としては、このキャンペーンにはイラッとさせられました。

これだけ美麗な縦長ランディングページを使って
ローンチ型でたたみかけられると、
「やっぱり本当かも」と信じて
夢をかけたくなってしまう人もいるかもしれませんが、
一体どうなっているのでしょう?

検証してみました。




目次

1. 印税システム 1BCプロジェクト というキャンペーンは何なのか?

2. 川崎貴志氏とは何者?

3. まとめ





1. 印税システム 1BCプロジェクト というキャンペーンは何なのか?



そもそもこのキャンペーンには
ランディングページが6通りもあるのは不思議だと思いませんか?
それぞれ簡単に内容をまとめてみました。

LP① http://one-bc.net/i2_1/
毎月200万円稼ぐ印税システムをあなたに継承したいので、
メールアドレスを登録して下さい。
但し300人に1人しか適合しないとある条件があることをご了承下さい。

LP② http://one-bc.net/i2_2/
毎月200万円以上の収入を遊びながら自然発生させたいなら、
メールアドレスを登録して
「3つのフローチャート」を手に入れて下さい。

LP③ http://one-bc.net/i2_3/
3日で20万円を、そしてその後、毎月安定して200万円を稼げるようになりたければ、
メールアドレスを登録して下さい。
但し、それは先着100名までです。

LP④ http://one-bc.net/i2_4/
週末10分スマホを操作するだけで、20万円から200万円の起業システム
100万円分のプレゼントつき)を先着50名に。
メールアドレスを登録して下さい。

LP⑤ http://one-bc.net/lp1/
小学生でもできる3ステップで完結の1億円通販ビジネス完全マニュアルを差し上げますので、
メールアドレスを登録して下さい。

LP⑥ http://one-bc.net/ver1_1/
せどりや転売の時代は終わりました。
毎月1億円の通販ノウハウが無料で視聴できますので、メールアドレスを登録して下さい。


というわけで6種類のランディングページそれぞれぜんぜん別のことを言っています。
とても一つのキャンペーンとは思えない6者6様の解説とアピールです。
でありながら、どのランディング・ページでメールアドレス登録をしても、
結局、各ランディングページと脈絡の低いこのページに出てきます。

http://one-bc.net/complete/

内容は
70万円相当の5大特典が無料プレゼントされますので、
LINEアドレス登録をして本登録を完了させて下さい。
それが終わった方は、以下のリンクへどうぞ。」


そして更に脈略の低いこのページへ至ります。

http://one-bc.info/5cdwq/

内容は
あなたを確実に1年以内に10億円稼がせますと。
ここでいよいよ川崎貴志氏登場の動画が出てきます。
そして、「あなたに1億円託します」ということと、
このシステムが通販で成り立っていることぐらいしかわからない話で、
そして、最後に「口座に300万円入金されたらどうしますか?」というアンケートに答えれば
「即金100万円テンプレート」が無料で受け取れます。と促されますが、
回答すると、またもやLINEへの登録が要求された上、
「登録したからと言って、

すぐに情報が流されるわけではなく、

時が来たら流しますから」とのお言葉。

「なんだとー!!」

おだやかな私もさすがに怒り心頭です。。


かなり長々とこのキャンペーンの流れを書かせて頂きましたが、
その訳は、「どれだけ約束を反故にしているか」を知って頂きたかったからです。


6種類のランディングページで言っていた

「3つのフローチャート」

「週末10分スマホを操作するだけで、20万円から
200万円の起業システム(100万円分のプレゼントつき)」

「小学生でもできる3ステップで完結の1億円通販ビジネス完全マニュアル」

「毎月1億円の通販ノウハウ」

どうなったのか?


そして更に、誘導されたページでの

「70万円相当の5大特典」は?


そして次のページでの

「即金100万円テンプレート」

はどうなったのか?


そして、
「登録したからと言って、すぐに情報が流されるわけではなく、

時が来たら流しますから」

といったバカにしたような言い草は何なのか?


動画には「第1話」と書いてあったけれども、
これ以降、離脱せずについて行く人はどれだけいるのでしょうか?

普通、このような閲覧者教育型のローンチ的手法であれば、
「返報性」を考えて、できる限りの特典を実際に閲覧者に与えながら
信頼性を勝ち取って行き、最後の商品販売へと至るものですが、
今回のものは正反対
次々と約束を反故にして、結局、何も与えてもらえない、
というひどいやり方です。


後の章でふれる様に、
川崎貴志氏が運営する会社は
さまざまな販売上の問題を起こしているぐらいですから、
たとえこのようなひどいやり方の後であっても、
最初や途中の約束などまるで忘れて、
最後は高額塾や高額教材や高額ツールなどを
売りつけて来る可能性も高いですが、
多少でも、

「ちょっと待てよ、さっきの約束はどうなったんだ?」


と考える余裕のある人は、
付き合いきれなくなって
必ずや途中で離脱するであろうことは間違いありません。

いや、ここまでひどいのは、
意図的に限りなく全員を
途中離脱させるつもりなのではないかと考えてしまいます。


だとしたら、
最後に残るものは何だと思いますか?


メールアドレス

ラインのアドレス



これらのリスト集めが一つの目的である可能性が考えられます。


「特商法取引に基づく表記」にこうあります。


個人情報に関する取扱い:
お客様からウェブフォームへの入力等によりご提供いただいた氏名、年齢、電話番号、メールアドレス、住所等の個人情報、お客様へのご連絡は、株式会社ラッシャーマン及びアフィリエイトセンターのサービスのご案内、今後のサービス向上のための統計データの算出と分析、アンケート等の依頼、アクセス情報の分析、その他これらに関連する目的に使用するために、口頭、書面、メールその他の方法により第三者へ提供させていただきます。ただし、お客様から要請があれば、当該お客様の個人情報について第三者への提供を停止いたします。


さらりと普通と真逆な事が書かれていますね。

ここまで露骨に第三者への個人情報提供を明示しているのも珍しい。


ここで集めた個人情報データのリストは第三者に提供されますよ。



2. 川崎貴志氏とは何者?


LP③で信用してもらう為でしょうか、「実在の人間です」と
自分の住民基本台帳カードを晒しています。

http://one-bc.net/images/i2_3/pc3.jpg

要所にボカシをかけたつもりでしょうが、印鑑にボカシが
ないので、東京都板橋区民だったことがわかります。



では、「特商法取引に基づく表記」を見てみましょう。


 販売会社   株式会社ラッシャーマン
 販売責任者   川崎 貴志
 メールアドレス   kawasaki@one-bc.info
 所在地  〒150-0042東京都渋谷区宇田川町36-19名畑ビル3F
 商品の引き渡し期間   お申込み完了後、いただいたメールアドレスにご連絡いたします。
 表現及び商品に関する注意書き   本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。
 個人情報に関する取扱い   お客様からウェブフォームへの入力等によりご提供いただいた氏名、年齢、電話番号、メールアドレス、住所等の個人情報、お客様へのご連絡は、株式会社ラッシャーマン及びアフィリエイトセンターのサービスのご案内、今後のサービス向上のための統計データの算出と分析、アンケート等の依頼、アクセス情報の分析、その他これらに関連する目的に使用するために、口頭、書面、メールその他の方法により第三者へ提供させていただきます。ただし、お客様から要請があれば、当該お客様の個人情報について第三者への提供を停止いたします。
 著作権について   このサイト及び情報は、著作権、 商標権、その他の知的財産権により 保護されています。このホームページまたは、コンテンツ、画像等全てを著作権者に無断で使用、複製送信、頒布、改変、翻訳、デザインの模倣等使用することは著作権法違反となります。発覚した場合、損害賠償として一千万を請求します。


ということです。
「個人情報に関する取扱い」については、先ほど触れた通り、
とんでもないものですが、ここでは、その他を見てみましょう。


まずは、会社が実在するかですが、
電話番号が書いていないのが気になるものの、
調べると
このようなホームページを持つ実在する会社のようです。

http://rusherman.com

ちなみに、ホームページの中には、例えば

《注意事項》
・面白味に欠けるお問い合わせには返信しない場合がございますのでご了承ください。
・当社では、当社へのクレームを募集しております。お気軽にご送付ください。
・交際のお誘いは総務では受けかねます。スタッフへ直接お申し付けください。

などとふざけた事が書いてあります。


ともあれ、会社が実在すればいいという訳ではありません。

評判を調べてみれば、

同社が販売した商品に関して、過去、

相当、クレームが発生している模様です。



例えば、こんなページがあります。


「株式会社ラッシャーマンに怒り殺到!被害にあった人いる?」


信用するに足る会社と言えるでしょうか?



そして、経営者である、川崎 貴志氏ですが、


どう思いますか?


これだけいろんなクレーム等を社会から受けていながら、
いろいろなところに写真やコメントを載せたり、
先ほどのように住民基本台帳カードまで
晒して自分を社会に晒しておける、
(おそらく芸人時代に鍛えられたと思われる)
特異な胆力の持ち主のようですね。





3.まとめ



さあ、どうですか?
このキャンペーン、
信用できそうですか?

もう答えは書かなくてよろしいですね。



もしかしたら、
あなたは一攫千金へ、
一縷の希望を持って、
今回のキャンペーンに
参加してみようか、
検討していたかもしれません。


その夢をこわしたようで
申し訳ありません。
ここまで読んで下さったあなたに、

私のネットビジネスの師匠(メンター)の情報をお教えしましょう。


私のネットビジネスの師匠(メンター)が現在、

無料で提供している教材群(“コンテンツマスター塾ZERO”)

をご紹介します


これはつい最近まで9万9000円で販売されていた強力な教材群です。

私もその手法を使用させて頂いています。

無料なのにありえないサポートまでついた、

無料の教材群(“コンテンツマスター塾ZERO”)

をどうぞゲットして下さい。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

アフィリエイトSE