アフィリエイトをやっていって、稼げる人と稼げない人がいます。

その違いは何なのでしょうか?

そして稼げない人は、どうやれば稼げるようになるのでしょうか?

 

先日コンサルをやったのですが、やはり思いました。

 

「稼ぐための一番の近道は、稼いでいる人と話をする(会う)ことだな」

 

これ、稼いでいる人にとっては常識かもしれませんが、

稼いでいない人にとっては理解し難いことだと思います。

 

ではあなたに質問です。

 

なぜ「稼ぐための一番の近道は、稼いでいる人と話をする(会う)こと」なのでしょうか?

教材を読んだり、動画を見るだけではダメなのでしょうか?

 

コツさえわかれば稼ぐのは簡単

実はネットビジネスで稼ぐことは、小学校の算数より簡単なことなんです。

 

例えば算数で公式ってありますよね。

公式通りに計算すれば、答えが出てきます。

 

1+2=3

 

これを知って入れば、誰でも「1+2」の計算ができるようになります。

 

ネットビジネスでも同じです。

稼ぐための公式があって、その公式通りに行動すれば誰でも稼げるのです。

 

でも、問題は「公式」というのは抽象的なものなので、それを具現化出来ない人はビジネスで稼げないのです。

 

例えば、「1+2=3」を知っていれば、同じ問題が出題されたら大抵の人は答えられるでしょう。

でも、問題はそう簡単なものばかりではないのです。

 

リンゴが1個あります。みかんが2個あります。合わせていくつでしょう?

 

このような応用問題になれば、稼げない人は途端にわからなくなってしまうのです。

 

そして、この問題を覚えて解けるようになっても、

「大根が1本あります。人参が2本あります。合わせていくつでしょう?」

という問題になれば稼げない人は途端にわからなくなるのです。

 

稼げる人というのは、応用力がありますので、みかんになろうが人参になろうが

1+2=3

で答えが3というのがわかるのです。

 

ところが応用力のない人は、応用が効かないため、少し問題の形式が変わると答えがわからなくなってしまうのです。

 

つまり、稼げる人は応用力があるので稼げる公式さえわかれば稼げるようになるが、稼げない人は応用できないのでいつまでたっても稼げない」

というわけですね。

 

ではどうやったら応用力が付くのでしょうか?

 

YouTubeで稼ぐための公式

今からあなたに応用力があるかどうかテストしますね。

 

それでは問題です。

YouTubeで稼ぐための公式はなんでしょうか?

 

答えは簡単です。

「おもしろい動画を作ること」です。

おもしろい動画や役に立つ動画を作れば、アクセス数が増えて稼ぐことができます。

 

「なんだ、そんなことか!」と思ったかもしれません。

基本的に公式っていうのは単純なんですよ。

 

ところが問題はここからなんです。

「YouTubeで稼ぐためにはおもしろい動画を作れば良い」

という公式がわかっても

「じゃあ、どんな動画を作れば良いの?」

 

これが皆さんわからないんですよね。

 

あなたが応用力のある稼げる人ならすぐにわかるはずです。

 

要するに算数の公式がわかっても、公式の使い方がわからないので、多くの人は稼ぐことができないんです。

 

応用力のある人は、

「そうか!おもしろい動画を作れば稼げるんだ!」

とわかれば、すぐにそれを「具現化」して動画を作ることができます。

 

しかし応用力のない人は、それができないのです。

 

あなたはこの答えがわかりましたか?

 

教材には公式しか書いていない

多くの情報教材には「稼ぐための公式」しか書いていません。

だから、稼げる人はその公式を使って具現化し、稼ぐことができます。

 

ところが稼げない人は、公式がわかっても、それをどう使ってよいかわからないため稼げないのです。

 

だから稼げない人が稼げるようになるためには

「稼いでいる人に直接教えてもらう」ことが大事なのです。

 

稼いでいる人は、意識的であれ無意識であれ

「稼げる公式とその使い方」を知っています。

 

そしてあなたは稼げる人と一緒に話をすることで

「稼げる人の思考法」が身についてきます。

 

要するに、「稼げる人=先生」が「あなた=生徒」に稼ぎた方を教えてくれるのです。

 

私がコンサルをして気づいたのが

「え、こんな基本的なことを知らなかったの?」

「え?そこをそういうふうに考えるの?」

と多くの人は知識がなかったり、間違った考えをしています。

 

参考書をいくら読んでもなかなかテストの成績が上がらないように、先生に教えてもらわなければ大事な知識も身につきませんし、間違いも直せないのです。

 

だからあなたが稼ぎたければ積極的に

「稼いでいる人と接触する」ことを試みましょう。

 

稼いでいる人に会うために

ただし、気をつけてほしいのが、稼いでいる人に

「稼げる方法を教えてください」って普通に言っても教えてくれません。

 

稼いでいる人は基本的に「時給が高い人」です。

1時間に1万円稼げる人が、あなたと会って話をするなら、あなたから1時間1万円以上の価値を与えなければ会ってくれないでしょう。

 

稼いでいる人には「多くの人が会いたい」と思っています。

あなたもホリエモンや孫正義さんに会えるなら会ってみたいですよね。

 

だからそんな人に会うためには、よほどの価値をあなたから与えないと会えないわけです。

 

ちなみに投資の神様と言われるウォーレン・バフェットとランチできる権利は、オークションで3億円の価格がついたそうです。

 

稼いでいる人に教えてほしければ、それなりの対価が必要というわけですね。

 

「稼いでいる人と会ったり話をすることは自分への投資だ」

こう考えることができるようになったら、あなたもネットビジネスで100万円稼ぐのも夢ではないですよ。