自分の本を出版してみたいと思ったことはありませんか?

 

今までなら、実績のない方が本を出版するとなると、

編集者さんに自分の原稿を読んでもらうなんて夢物語、

だから多くの場合自費出版ということになるのですが、その費用に

おそらく百万単位の額がかかったと思われます。

 

しかし、今は、インターネットの時代です。

電子書籍なら、なんと、「無料」で出版できるのです!

 

詳しいことはネット検索して頂ければと思いますが、

例えばAmazonのKindleを媒体に選んだ場合、

少しややこしい手続きはあるものの

自分でワード原稿と表紙画像さえ用意すれば自分の電子書籍が出版でき、

アマゾンで検索すれば並みいる有名作家の本と共に

自分の本が並んで売られた検索結果が出てくるってことだって可能なんです。

 

しかも紙の本と比べて印税率が高いです。

紙の本なら普通印税率8~10%と言われていますが

Amazon電子書籍はなんと!35%~70%です。

 

そして出版してしばらくたつと、

AmazonだけでなくGoogleやYahoo!の検索でも、

自分の名前(本の著者名)で検索すれば、

本の著者として検索に引っかかり、

Amazonの販売ページに行くことができます。

本の内容にもよりますが、本の著者としての社会的地位を得ることさえ

可能かもしれません。(もちろん匿名(ペンネーム)で出版してもいいでしょう)

 

そして、ここだけの話、電子書籍だけでなく

「紙の本も!」やり方によっては無料出版が可能です。

 

KDDI系列の「ムゲンブックス」ってところでやっているサービスで、

アマゾンはもとより、取り寄せで一般の書店から買うことだって

可能な本が出版できます。

ただ、オンデマンド出版の形式らしく、注文があってから印刷製本するため、

定価が一般の紙の本の数倍になるようです。

私自身は試しに1万文字というパンフレット程度の文字数で

出版を試みたことがあるのですが、

Amazonだと定価99円からの設定が可能だったのに対して、

ムゲンブックスでは最低でも税込み800円近くの定価を設定しなければならず、

この程度の文字数でこの値段を出してもらうのは気が引けたので、

結局紙の本は出しませんでした。

 

何か世に出したいネタをお持ちの方、ぜひ、

電子書籍出版というのも選択肢に入れてみてください。

そして、朗報です。

今ならこの、9万9000円で販売していた教材が無料で貰えます

この中からもばっちり、

電子書籍出版のノウハウだって得られます。

 

<詳しくはこちら>