こんにちは。茶々です。

今回は2018年4月2日22時に販売開始、

話題の仮想通貨を使った新しいプロジェクト、

清水聖子さんの『想源プロジェクト』についてお話しますね!

 

私が動画を観たかぎりでは、どうみても「これっておかしいでしょ?」

と隠し切れない5つの矛盾点を発見しました。

どこがどう矛盾しているのか?

この新しいプロジェクトの隠し切れない矛盾点についてお伝えしたいとおもいます。

 

この『想源プロジェクト』の主催者、清水聖子さん。

美人すぎる仮想通貨ヲタクとしていろんなメディアに取り上げられていますよね。

 

一見すると、全盛期の歌手・倖田 來未さんのような京都弁で

気さくにおしゃべりする雰囲気は人を引き込む魅力は確かにありますね。

何やらいかにも仮想通貨で儲かったというような

キラキラなネイルやアクセサリーにふと目を惹かれちゃいました…笑

 

想源プロジェクトの目的とは?

まず想源プロジェクトの目的は、

「アジアで5万人の新しい暗号通貨長者を生み出すこと」

という壮大なプロジェクトになっているんですが、

この暗号通貨長者といわれる『想源』とは、

中国の貧困層が短期間に1000万元(日本円で約1億6千万円)

の資産を作り出した人たちなんだそうです。

 

分かりやすくいうと、「億万長者にだれでもなれます!」というのが想源プロジェクトです。

 

これを聞いて私も確かに「億万長者になれるならなってみたい!」と思いますし、

投資経験もけっこうある私は興味津々で動画を観てみました。

 

スケジュール的には、

2018年→日本

2019年→香港

2020年→シンガポール

2021年→インド

というように、3年先までプロジェクトの計画が決まっているようですね。

 

ですが、動画を一つ一つみると、いくつも矛盾点が出てきます。

では実際どんな矛盾点があるのかみていきましょう!

 

特定商取引法に基づく表記

【販売社名】
株式会社CryptoCurrencyLabo

【代表社員】
中嶋俊

【所在地】
東京都渋谷区松濤2丁目20番10号モデルノトッレ松濤902号

 

想源プロジェクトの隠し切れない5つの矛盾点とは?

1.アジアで5万人の暗号通貨長者を誕生させる?

まずアジアで5万人の暗号通貨長者を誕生させるという壮大なプロジェクトなんですが、

よく聞くと、「アジアで5万人」と言っているだけで「日本で5万人」じゃないわけです。

 

さらに動画を観ると、この想源プロジェクトに日本で参加できるのは1200人とのこと。

それが、いつの間にか倍の2400人が参加できることになった、

と参加できる人数が変わっていきます。

 

この2400人という人数をみると、なんの根拠も説明もなく、

この『想源プロジェクト』で収益を上げるのに必要な参加人数ではないでしょうか。

 

2.『想源和僑会』の審査基準は清水聖子さん自身も知らない?

1億6千万円の資産を築く想源の一員になるためには、

まず想源和僑会に入らないといけないとのこと。

 

さらに、この想源和僑会に入るには審査があって

その審査にパスしなければならないのです。

 

ところが、なんとその審査基準を清水聖子さんいわく

「私も知らされていないんです」と意味不明な言葉が飛び出してきます。

 

世界初、日本発の大プロジェクトの発信者である

清水聖子さん本人ですら審査基準を知らされてなくて、

あくまで想源の人が審査をして想源和僑会に入れるかどうかを選ぶそうです。

 

「こんなおかしなことありますか?」

私が一番矛盾を感じた点です。

 

3.『想源和僑会』の審査にパスするには「稼ぎたい」だけではダメ?

どうやら想源和僑会の審査にパスするには、

いろいろと基準があるらしいのですが、

清水聖子さん自身いわく「ただ単に稼ぎたいとか、そういうのではなく、

お金を稼ぐのはもちろんですが、

社会の先頭に立ってリーダーになるような人じゃないとダメなんですよ」

と言うではありませんか。

 

「投資の知識がなくてもだれでも稼げる」と言っておきながら、

リーダーの素質がないとダメなんて、

それってごく一部の人間しかなれないという意味ですよね?

 

ますます審査基準が不明瞭なんですが、

ここで試しに私はすごくやる気のカケラもない一言を書いて、

一次審査に応募してみました。

 

その言葉は「ただ単に稼ぎたいです」というおバカな一行のみの参加表明です。

 

当然そんなやる気のカケラもないいい加減な言葉ですから

「審査に落ちるよー!」と思いきや、

なんとあっさりと一次審査どころか最終審査までパスしちゃいました!

 

「えっ!ただ単に稼ぎたい人はダメって言いませんでしたっけ?」

と思わずメールの画面を二度見しながら

大きな声でひとり言を放っていましたよ…笑

 

要は、最終的に何十万だかの入会費を払えばだれでも入れるというわけですね、きっと!

(もちろん私はぜったいに払わないし入会しませんが)

 

4.後院失火があれば必ず想源になれる?

清水聖子さんは後院失火があれば必ず想源になれるといわれていますが、

ここでいう後院失火とは、FXや仮想通貨の自動売買ソフトのようなんですよ。

 

必ず『想源』になれる=億万長者になれるということは、

その自動売買ソフトの有効性を保証したのも同然ですよね。

 

でもここで考えなければいけないのは、「投資は自己責任」という大前提です。

 

私もこれまで過去に株式やFXに投資してきましたし、

高額な自動売買ソフトも購入して運用したこともあります。

 

基本的にどのツールを使って投資するにしても、

販売者側からしたら100%の利益なんて保証できないんです。

 

そういった投資の原則・ルールに動画で一言も触れてないのは、

不自然以外のなにものでもありません。

 

5.先着順の特典は参加者の決断を急がせるため?

想源プロジェクトに参加すると、さまざまな特典が用意されています。

①先着800名→後院失火の永久使用権利のプラグインを獲得

②先着300名→一部の富裕層だけが知る「合法的錬金術」

③先着100名→清水聖子によるコンサルティング

④先着10名→投資金10万円の現金プレゼント

 

といった豪華なラインナップになっています。

この中でも気になったのは③と④です。

 

③先着100名→清水聖子によるコンサルティング

清水聖子さんはご自身でも動画の中で、

後院失火を使いながら3ヶ月で3000万円を稼いだとアピールしておいて、

この投資は「私自身もよく分かっていません」と言っているんですよ。

 

そのよく分かってない人がスカイプで100名にコンサルティングをして、

個別の投資プランを立ててあげるというのです。

 

それに、そもそも後院失火は

「自動売買でなにもしなくても稼げる」と言っているので、

投資プランやコンサルティングなんて不要なのではないでしょうか。

 

④先着10名→投資金10万円の現金プレゼント

仮想通貨投資で稼ぎたい人が「おっ!10万円もらえるの?」

と飛びついたりするかもしれませんが、

裏返せば、この想源プロジェクトで莫大な参加費をかき集められるから、

たった10人だけに10万円を支払っても

痛くもかゆくもないということなのではないでしょうか?

 

想源プロジェクトの参加費は?

先ほど2018年4月2日の22時に販売開始された金額を確認したところ、

なんと30万円と35万円のコースでした。

 

35万円×2400人=8億4000万円の収益が得られるなら、

豪華な特典を付けても不思議じゃないし、

これだけ清水聖子さんがギラギラした目で先着順を強調して

参加を急がせるのも納得できます…汗

 

まとめ

仮想通貨に限らず、FXや株式投資でも、

投資と名がつくものには少なからずリスクが存在します。

 

その大前提をあなたが認知していて、

「自分には失ってもいい余裕資金がある!」

というコワいもの知らずのチャレンジャーなら参加してみてもいいかもしれません。

 

でも、そうでないなら、こんな矛盾だらけで

謎だらけのプロジェクトに参加するのは無謀と言えるでしょう。

 

それより、ネットビジネスで稼ぐためのノウハウとスキルを手に入れて、

まずはお給料以外に月に5万、10万円の副収入を目指して稼いでみませんか?

 

きちんと手取り足取り教えてくれる先生がいたら、ひとりで迷うこともありません。

私もOLのときのお給料以上に稼ぐことができましたから。

 

以前私が9万9000円で購入したネットビジネスの教材が

いま期間限定で無料で配布されていますので、

もし興味があったらメルアドを登録して教材を受け取ってくださいね!

コンテンツマスター塾ZERO

 

この記事を書いた人

茶々
茶々
ネットビジネス暦は10年以上。
旅行が大好きなので、ネットビジネスをがんばって世界一周できるよう、
日々ワクワクしながらビジネスに取り組んでいます!