引用:http://furo-syotoku.com/

「ああ、不労所得欲しいなあ〜」

 

なんて誰しも一度は思い描くことだと思います。

 

不労所得というとイメージは、家賃収入で毎月生活費が何もしなくても入ってきてウハウハみたいなイメージでしょうか。

 

しかし今はインターネットがあるおかげで、誰しもが不労所得を手軽いに狙えるようになりました。

代表的なのはブログ、YouTube、株式投資、FXなどなど、収益源となる資源のストックを積み重ねていくことです。

 

収入がどんどん増えていくものをやっておけば、どこかのタイミングで自動でお金が溜まっていくしくみを作ることが現実化できるわけです。

 

だけどそうなるまでが大変だしそれなら人並みに働いてたほうがいいかな……

って思ってる人がいるかも知れませんね。

 

視点を少し変えてみると、違うものの見方が見えてくるかもしれません。

友達とブログの話になった時の事。

 

友達と会話しているときに、たまたまブログの話が出ました。


ブログから毎月5万円入るようになったよ、どう思う?

さとる君

5万円かあ……そこまでいくのに数ヶ月かかったんでしょ?それだったら世間並に働く方がいいかな……。

 

会社員のお給料から比べれば5万円なんて少ないです。これがよくある意見かもしれません。

 

僕も数年前まではその意見でした。

 

しかしこの考え方めっちゃもったいないのです!!

 

ブログはネット上の資産です。

 

ちなみにこのブログはほとんどが検索からのアクセスです。

 

なので放置していたとしてもおそらく来月も今月と同じくらいのアクセス数があるし、同じ様くらいの収入が入ってくるでしょう。

 

サラリーマンからしたら5万円ってひょっとすると、たいしたことないかもしれません。

そのために何ヶ月もかけてブログを手掛けるのは大変だと思うのも無理はありません。

 

しかし僕は3万円でも1万円でもいいから数ヶ月で自動で収入が入ってくる仕組みが作れるならおそらくやります。

 

だってそっちのほうが楽しく生きるうえで効率が良いからです!

「コンテンツマスター塾ZERO」を無料で学んで、不労所得をさっそく作る!

大きな貯金と小さな自動の不労所得、作るならどっちのほうが得?

人間は目の前の成果のほうを重視しがちなので、イメージでは会社で働いてサラリーをもらったほうが得な感じを受けてしまうのです。

 

しかしここで、あえてものの見方をガラッと変えてみると良いかもしれません。

同じものの考えでは、人生が変わるわけがありません。

 

気が付いたら年を取っていた、ではなんともならないわけです。

今回の金融緩和の後の数年後には、想像も出来ない不景気が我々を襲ってきます。

 

一度よーく考えてみてください。

 

社会人になってみると、桁はずれの年収の人を除いて貯金1000万円なんてなかなか貯まるものではありません。

 

それに仮に10年で1000万円貯まったとしても、別にそれで一生安全になった訳でもないです。

 

その金額では、働かずに東京で好きに暮らしていたら、家賃と税金と食費と光熱費で5年もしないうちになくなる額です。

だから貯金が貯まったところでやっぱり頑張って働くことには変わらないし、将来の心配も何も変わりません。

 

じゃあ貯金はないけど月に20万円、自動で入ってくるお金があったとします。

贅沢しなければ最低限の生活ならこれで充分。

 

一生それで生活していけます。

 

しかもこれの素晴しいところは、別に寝ていようが何していようがお金が自動的に入ってくるので、その間は他の好きなことに時間を費やせるということです。

 

自由になった時間でさらにブログやYouTubeを育てたり、興味のある仕事があれば世間並に働いても良いかもしれません。

 

それをまた資産運用に回せば収入はどんどん増えていきます。

 

何もしなくても最低限の生活は維持できるようになり、将来の不安もなくなるというメンタル的な問題からも解き放されます。

人の一生は医学の発達で、何十年も長くなったのです。

定年退職後も変わらず所得があるということは、生きるうえで極めて有利になります。

 

また考えたくはないですが、逆にいつ死ぬかもわからない。

これだけはどうしょうもありません。

 

亡くなってしまったら幾らも貯金していても意味がなくなってしまいます。

 

だから会社で給料を上げることよりも、小さな不労所得を作ることに注力しておいたほうが、先の見えない人生を生きるうえでは効率が良いわけです。

 

小さい収入でも不労所得であればその価値は大きい

 

ブログの話に戻りますが、例えば不労所得で毎月20万円を目指すとして、ブログ収入で放置していても5万円が入ってくるようになったということは、すでに目標の4分の1を達成していることになります。

 

あと4つこのような収入源を作っておけば、フリーに暮らせるようになります。

 

そう考えると不労所得の5万円って大分大きな価値のあることに見えてきませんか?

 

そして目標に到達しなくても、半分の10万円でも良いわけです。

そうすれば会社を辞めて1日の半分だけバイトをしていても良いわけですから。

 

僕も実際に生活費の半分の副収入が入ってくるようになったときに会社を辞め、最初は1日の半分だけ働いて、残りの半分でブログや投資に注力しました。

 

それによってさらに不労所得の幅が広がり、今ではブログの他にもネットを使ったビジネスをいくつも持っています。

 

お金持ちというのは貯金が1億ある人ではなく、毎月お金を生み出す収入源を持っているという状態だと思います。

 

もちろんすぐにやろうと思っても難しいです。こつこつやっていく必要があります。

まとめ

 

数年後、間違いなく信じられない不景気がやってきます。

それを知っている人は、今から準備を始めています。

 

同じこつこつやるなら、会社でコツコツ給料を上げようとすることよりも、毎月5万円を生み出すビジネスをこつこつ作ることの重要性に気づいて、今から資産を作ったほうがいいよねっていうお話でした!

 

 

この記事を書いた人

TAKA
TAKA
慶応義塾大学在学中に起業。

その後レディスアパレル事業を25年経営。
現在は、Webビジネスをしながらドテラに参加しています。

出会う方に話を伺いながら、学んでいきたいと思っています。

 

[アフィリエイトSEオリジナル」のネットビジネスの教材を無料で手に入れる

安全ですので安心してクリックください
 

または、ページ中盤か最下部の「無料登録はこちらから」をクリックし、メアド登録されますと、すぐに最新ネットビジネスの教材サイトへのURLとパスワードが発行されます

 
全ての内容についてご質問があれば、「dotera.info についてお問い合わせ」とお書きいただき、
”yurizou24@gmail.com" まで、すぐご連絡ください。

TAKAの詳しいプロフィールはこちらから