今回は、アフィリエイトで稼げない7つの理由について説明していきます。

 

アフィリエイトで稼げないのには、それなりの理由があります。

その理由を理解して改善していけば、きちんとアフィリエイトで稼げるようになります。

 

今回の記事では、なぜアフィリエイトで稼げないのか?

という事について説明していきます。

 

それでは、順に説明していきますね。

 

 

ブログを開設する前にリサーチをしてない

ブログを使ってアフィリエイトをしようとする時、いきなりブログを開設してもうまくいきません。

成功するブログを作るには、ブログを開設する前に、読者がどういった情報を求めているのかをよく調べる必要があります。

qimono / Pixabay

 

このステップを抜かして、ブログに自分の好きなことだけを書いてもほとんど収益を得ることはできません。

 

ブログで収益を上げるには、読者のニーズに応えるブログを作ることです。

そのため、ブログを開設する前に、読者のニーズを事前によく調べる必要があります。

 

そして、そのニーズに合わせてブログのテーマを決めます。

 

 

アフィリエイトで稼げないジャンルを選んでいる

次に、読者のニーズに合わせてブログのテーマ設定をします。

アフィリエイトで稼げない人の多くは、テーマ設定を間違っている場合が多いです。

 

テーマ設定で失敗するポイントは以下の2点です。

  1. 稼げないジャンルを選んでいる
  2. 興味のないジャンルを選んでいる

 

 

稼げないジャンルを選んでいる

アフィリエイトで稼ぐには、稼げるジャンルを選ばなければなりません。

稼げないジャンルの記事をいくら書いても、一向に稼げるようにはなりません。

 

当然と言えば当然ですよね?

 

なので、このジャンル決めはとても重要です。

このジャンル決めで間違えてしまうと、この後の作業と時間がすべてムダになってしまいます。

 

ジャンル決めはしっかりと考えて決めるようにしましょう。

 

ジャンルを決める際に大切なのは、需要が比較的多くて、ライバルの少ないジャンルを選択する事です。

KeithJJ / Pixabay

 

需要が多いジャンルには、当然多くのアフィリエイターが参入します。

そのジャンルに今から初心者が参入しても、アフィリエイトで稼ぐのは難しいと言えます。

 

そういった激戦区のジャンル以外にも稼げるジャンルはたくさんあります。

アフィリエイト初心者は、あえて激戦区のジャンルは外した方がいいと言えます。

 

 

興味のないジャンルを選んでいる

アフィリエイトで稼ぐためには、ある程度記事を書き続けなければなりません。

 

もし、興味のないジャンルを選んだ場合、なかなか記事を書き続ける事ができません。

999theone / Pixabay

ワードプレスでブログを作った場合、アクセスが集まるようになるまでには、最低でも100記事は書く必要があります。

 

逆に、100記事を書くまではアクセスがなかなか集まらないので、ほとんどの人は、100記事を書く前にモチベーションが続かずに記事を書くのを止めてしまいます。

 

ワードプレスのブログは、100記事を越えてからが勝負です。

 

もし、ブログのテーマが自分の興味のあるテーマだったらどうでしょうか?

 

たとえアクセスがなかなか集まらなかったとしても、興味を持って記事を書き続けられるはずです。

 

なので、ブログのテーマを決める際には、自分の興味のあるテーマを選ぶ事も大切なポイントです。

 

 

ブログを作ってからアフィリエイトする商品を選んでいる

アフィリエイトで稼げない人の多くは、まずブログを作って、それからアフィリエイトする商品を選んでいます。

 

これは、順番が逆です。

Elionas / Pixabay

 

まず、何をアフィリエイトするのかを決めて、それに合わせてブログを設計していきます。

ブログの1つ1つの記事は、アフィリエイトする商品に向かって動線を引いていかなければなりません。

 

 

自分が売りたい商品を選んでいる

アフィリエイトで稼げない人は、アフィリエイトする商品を選択する際、自分が売りたい商品を選んでいます。

これでは、なかなかアフィリエイトを成約させる事ができません。

 

そうではなくて、アフィリエイトする商品を選ぶ際は、すでに売れている商品を選択する事が大切です。

mohamed_hassan / Pixabay

 

すでに売れている商品をアフィリエイトするので、多少文章が下手くそでも商品自体に売れる力があるので、商品がその分を補ってくれます。

 

また、売れる商品というのは、セールスレターが売れるように作り込まれています。

逆に、売れない商品というのは、セールスレターに売る力がありません。

 

せっかくブログを作り込んで集客してもセールスレターに売る力がなければ、すべての作業がムダになってしまいます。

 

そういった意味でも、アフィリエイトする商品を選ぶ際には、すでに売れている商品を選択するというのがとても重要です。

 

アフィリエイトする商品を選択する際には、1つだけ注意する点があります。

それは、商材の寿命に注意するという事です。

 

せっかくアフィリエイトする商品に合わせてブログを作ったとしても、その商材がアフィリエイトできなくなってしまったら、そのブログは台無しになってしまします。

 

なので、商材を選ぶ際には、商材の寿命にも注意するようにしましょう。

 

 

サイト設計が間違っている

アフィリエイトで成功するには、Googleを味方につける事がとても大切です。

 

ネットでブログを使って集客する場合は、検索エンジンからの集客がメインになります。

SNSなどでも集客する事は可能ですが、長期に渡って安定的に集客するには、Googleなどの検索エンジンから集客するのが王道です。

Simon / Pixabay

 

Googleなどの検索エンジンから集客するには、SEO(検索エンジン最適化)について理解する必要があります。

 

SEOには、大きくわけると2種類あります。

 

1つは、ホワイトハットSEOと言われるものです。

ホワイトハットSEOとは、検索エンジンのガイドラインに沿ったSEOの事です。

 

もう1つは、ブラックハットSEOと言われるものです。

ブラックハットSEOとは、検索エンジンのガイドラインに沿わないSEOの事です。

 

Googleの検索アルゴリズムは日々変化していますが、その変化はよりユーザーの利便性を向上させる方向に向かっています。

 

つまり、「ユーザーにとってわかりやすく、ためになる有益なサイトを上位表示させる」というのがGoogleの目指している方向です。

検索エンジン最適化スターターガイド – Googleへのリンク

 

なので、ブラックハットSEOと言われる裏技的なテクニックで一時的に検索上位に表示されたとしても、それは一時的な結果しか得られません。

 

長期にわたりGoogleの検索エンジンから評価されるには、ユーザーにとってわかりやすく、ためになるサイトを作るのが一番の近道です。

 

そのためには、読者がサイトを訪れた際に、わかりやすい構成のサイトである必要があります。

 

なので、いきなり記事を書いていくのではなく、読者が求めている内容がわかりやすく整理されているサイトになるように事前に設計図を作るのがベターです。

 

例えるならば、大学の論文のように論理的でわかりやすく整理された構成にする事です。

 

そして、その設計図に従ってサイトを構築していけば、Googleのガイドラインに沿ったよりユーザーにとってわかりやすいサイトを構築していく事ができます。

 

 

サイト設計のポイントとは?

サイト設計をする際には、いくつかのポイントがあります。

 

  • サイトの目的を明確にする
  • ターゲットを設定する
  • コンテンツをわかりやすく整理する
  • 重複コンテンツは作らない

 

「どうやったらアフィリエイトで稼げるようになるのか?」という事を調べるために訪れた人に対して、株に関する記事が混ざっていたとしたらどうでしょうか?

 

ユーザーにテーマの定まっていない質の低いサイトと見られてしまうかもしれません。

なので、サイトの目的を明確にして、ターゲットを絞ったコンテンツを作っていく必要があります。

 

また、ブログ内に同じような内容の記事がいくつも書かれていたらどうでしょうか?

 

読者にとっては、情報が整理されていない煩雑なサイトとなってしまいます。

 

なので、記事を書いて行く前に、しっかりとブログの方向性と構成を考えて設計する必要があります。

 

 

キーワード選定が間違っている

SEO対策をしていく上では、このキーワード選定が特に重要です。

なぜなら、検索需要のない検索されてないキーワードでは、SEO対策ができないからです。

 

先ほど、アフィリエイトで成功するには、Googleを味方につける事がとても大切なのは説明しました。

なので、このキーワード選定ができていないとアフィリエイトで成功する事はできません。

geralt / Pixabay

 

アフィリエイトで稼げない人のほとんどは、このキーワード選定ができていません。

 

記事の内容を充実させる事も勿論大切なのですが、それ以上にキーワード選定に時間をかける必要があります。

あえて言えば、キーワード選定さえしっかりできていれば、記事は外注化しても問題ありません。

 

そのくらいキーワード選定は重要な要素になります。

 

キーワードをリサーチする際には、このキーワードで検索する人は何を知りたいのか?という事を想像しながらリサーチする事が重要です。

 

例えば、育毛剤についての記事を書くとします。

 

「育毛剤とは?」というキーワードで検索してくる人はどういった事を求めているでしょうか?

 

ただ単に、育毛剤とはどういう物なのかを知りたいだけかもしれません。

 

しかし、「育毛剤 価格」、「育毛剤 効果」といったキーワードで検索する人は、おそらくは育毛剤の購入を検討している人です。

 

なので、アフィリエイトを成約させるには、ただ単に検索ボリュームが多いというだけでキーワードを決めるのではなく、キーワードの効果性も考慮して選ぶ必要があります。

 

また、ブログを開設して間もない時期は、ブログのパワーが弱いため、できるだけニッチなキーワードで記事を書いていく事です。

ニッチなキーワードは競争率が低いため、検索需要は少ないですが、検索上位に表示される可能性が高くなります。

 

ブログを開設して間もない頃は、こういったニッチなキーワードで記事を書いて行きます。

そして、次第にブログにアクセスが集まるようになってきて、ブログパワーがついて来た頃に、やや競争率の高いキーワードで記事を書いていくようにします。

 

こうする事で、開設してから日が浅いブログでもアクセスの来るブログを作る事ができます。

 

 

 

検証・改善をしていない

アフィリエイトで稼げない人は、記事を書きっぱなしの人が多いです。

 

ブログ記事をある程度書き貯めたら、Googleアナリティクスなどを活用して、アクセス分析をする必要があります。

rawpixel / Pixabay

 

アクセス分析では、以下のような点を確認します。

 

  • 読者は、どういったキーワードで検索してきたのか?
  • 閲覧ページ数、平均セッション時間、直帰率はどのくらいか?
  • 新規セッション率はどのくらいか?

 

アドセンスで収入を得る場合は、アクセス数がすべてかもしれませんが、成約型のアフィリエイトの場合は、アクセスの質も大事な要素です。

 

アクセスの質は、閲覧ページ数、平均セッション時間、直帰率などから推測する事ができます。

 

濃い読者が多ければ、それだけ多くの記事に興味を持ってもらえるので、ブログの滞在時間が自然と長くなります。

 

逆にブログの滞在時間が短ければ、読者の役に立ついい記事があまり書けていないのかもしれなせん。

 

そうやって、仮説を立て、その仮説に基いて改善をしていきます。

 

また、一度投稿した記事を加筆修正したり、内部リンクを貼ったりして、ブログ全体の質を上げていきます。

 

 

 

まとめ

最後にまとめますと、アフィリエイトで稼げない主な理由は、以下の7点です。

  • ブログを開設する前にリサーチをしてない
  • アフィリエイトで稼げないジャンルを選んでいる
  • ブログを作ってからアフィリエイトする商品を選んでいる
  • 自分が売りたい商品を選んでいる
  • サイト設計が間違っている
  • キーワード選定が間違っている
  • 検証・改善をしていない

 

いきなり記事を書いていく事が、いかに無謀な事かお分かりになりましたか?

 

今まで、アフィリエイトで稼げなくて挫折した人は、上記の7点を踏まえた上で、もう一度トライしてみてください。

 

アフィリエイトは、あきらめずに継続すれば必ず稼げるようになります。

StartupStockPhotos / Pixabay

 

あなたの成功を祈っています(^^)

 

この記事を書いた人

ゆういち
ゆういち
サラリーマンを辞めて起業しました。
毎日好きなことをして自由に生きています(^^)