私がyoutubeでお金を稼ぐ理由

私はあるブラックな医療施設に勤めています。

 

1か月のお休みは、たったの3日間。

10日働いて1日だけお休みをいただけます。

 

その休日にも会社から呼び出しがあります。

休日、携帯に着信があるとドキドキします((((;゚Д゚)))))))

 

子供と遊んだり出かける時間は全くありません。

 

「もう会社やめたい!」

 

いや、近いうちに絶対に辞めると思います。

ただ、会社を辞めたところで、収入のあてはないので、

疲れてても眠くてもイライラしてもyoutubeでコツコツお金を稼いでいます。

 

月に数万円でも毎月お金が入ってくるのは今の私にはかなりありがたいものです。

 

今回の記事は、私がyoutube動画を作る時に必ずチェックしている20項目です。

 

これからyoutubeアフィリを始める方には絶対に見て欲しいし、youtubeでまだ稼げていない人は、以下の20項目をひとつひとつチェックしてみて下さい。できてない部分がきっと見つかると思います。それじゃいきますね。

 

動画のタイトルはクリックされやすいか?

Clker-Free-Vector-Images / Pixabay

どんなに素晴らしい動画でもタイトルがダメだとクリックされません。クリックされなければ収益も発生しません。魅力的なタイトルを付けましょう。

といっても

 

タイトルなんて急に思いつかないよ!」

 

そんな方もいると思います。そんな時は、

 

自分の動画と関連するyoutube動画を検索し、そのタイトルをリライトしましょう。

 

あなたがお金に関する音楽動画を作るなら、「お金 BGM」で検索し、再生数順に並び替えると、

「これを1回聞いただけで、8時間後に収入が発生した奇跡の音楽」(242万回再生)

 

あなたが芸能ゴシップの動画を作るなら

「【驚愕】SMAPは全員在日朝鮮人だった!!」(128万回再生)

 

このようなそそるタイトルをリライトして自分オリジナルのタイトルを作ってみて下さいね。

タイトルにキーワードが2種以上入っているか?

タイトルのキーワードを意識していますか?動画を作ってからキーワードを考えるのでなく、キーワードを考えてから動画を作ります。キーワードは1つだと競合が多すぎるので少なくとも2種類以上のキーワードをタイトルに含めて下さい。

 

例えばアンパンマンの動画を作るとして、キーワードを決める場合、サジェスト機能を使いましょう。youtubeの検索窓で”アンパンマン”と入力すると、それに関連した言葉が出てきます。その中からタイトルのキーワードを選びます。

 

サムネイルの大きさは適切か?

どんなにサムネイル画像の加工が上手でも縦横の比率を間違えていて非常にもったいない動画を見かけます。
画像の大きさは解像度が1280×720(最小幅が 640 ピクセル)です。これに合わせてサムネイルを作りましょう。ちなみにファイルの大きさは2MB以内、ファイル形式はJPG、GIF、BMP、PNGのいずれかのファイル形式に対応しています。

 

サムネイルにインパクトはあるか?

素晴らしい動画でもサムネイルが残念だとクリックされません。
サムネイルに文字を入れたりして加工してみましょう。これもyoutubeで検索し、自分が思わずクリックしそうなサムネイルをお手本にしましょう。

無料の画像取得サイト⇒ぱたくそ

https://www.pakutaso.com/

サムネイル画像を編集する無料ソフト⇒ピクトベア

https://www.fenrir-inc.com/jp/pictbear/

チャンネル名は適切か?

チャンネル名を適当に付ける方が多いのですが、これも手を抜いてはいけません。

なぜかわかりますか?再生回数を増やすためにはチャンネル登録者を増やす必要があるからです。チャンネル登録したいようなチャンネル名、そして動画の内容をわかりやすく表現したチャンネル名である必要があります。

 

面白動画のチャンネルなら

「おもしろ動画集めてみました」

 

芸能ゴシップのチャンネルなら

「芸能人マル秘裏事情」

 

このようにシンプルなもので大丈夫です。伝わることが大事です。

 

また、ターゲットの年齢層や属性も意識するとより良いです。

ターゲットが

・中学生かそれ以下の世代⇒ひらがな・カタカナを使う

・中高年⇒漢字を使う

・外国人ユーザが想定される⇒英語のタイトルにする

などと工夫してみて下さいね。

 

需要のある動画を作っているか?

どんなに動画が素晴らしいものでも、それを見たいと思う人がいなかったら再生回数は上がりません。もし作りたい動画があったとしても、すぐに作製に取り掛からず、まずはそれに関連する他の動画の再生数を確認してみましょう。

 

youtubeで「アンパンマン」と検索すると、視聴回数1位の動画は1億3000万回再生されています。

一方、youtubeでインドの国技であるスポーツ「カバティ」と検索すると、視聴回数1位は4000回再生。あなたがどんなに優れたカバティの動画を作ったところで数千回しか再生されません。

 

これが需要の違いです。動画を作る前に、そのジャンルに需要があるかどうかを確認してみて下さいね。

 

ロングテール動画をアップしているか?

ロングテール動画とは、毎日の再生数は少なくても、長期にわたって再生される動画のことです。

例えば、

「今年のアカデミー賞受賞者まとめ」はトレンド動画に分類され、

「歴代のアカデミー賞受賞者まとめ」はロングテール動画に分類されます。

 

トレンド動画は数か月もするとアクセスがほとんどなくなりますが、ロングテール動画は数年にわたりアクセスが期待できます。アップする動画の本数が増えてくると再生回数のベース部分の底上げになり、やがて収益の柱となります。

 

トレンド動画をアップしているか?

ロングテールだけでも再生数は上がるのですが、トレンド動画があると一気に再生数を稼ぐことができます。トレンド動画とは流行の人物、事件事故、ニュースなどを扱った動画です。

トレンド動画をアップするメリットはバズる可能性があることです。もしひとつの動画がバズるとチャンネル内の他の動画も関連動画に載ったりして再生数が増えます。
ひとつのチャンネルにロングテール動画、トレンド動画、どちらも同じペースでアップしていくのが理想です。

 

動画をアップする時間帯は適切か?

動画をアップする時間帯を意識しましょう。

理想はターゲットがyoutubeにアクセスする時間帯です。

自分の作る動画のジャンルからターゲットを想定し、その人がスマホをいじる、PCを見る時間帯を考えてみましょう。

子供向けの動画なら日中、大人向けなら通勤時、お昼休み、寝る前などの想定ができます。

 

稼げるジャンルで戦っているか?

動画のジャンルを間違っているといつまでたっても再生数はあがりません。

稼げるジャンルとは、一般的に
政治系 韓国中国 いい話 トレンド 芸能 金運 面白映像 ランキング 恐怖 

商品レビュー ノウハウ

などです。

削除される動画を把握しているか?

いくら再生数を稼げると言っても、テレビのアップロードなどの違法なものや、誰かを傷つける動画である場合は通報、著作権侵害により、削除されるリスクが伴います。

 

ひとつの動画だけ削除されるならまだ良いのですが、最悪アカウント停止になることもあります。そうなる前に消される動画のジャンルを把握しておきましょう。削除リスクの高い動画とは、

 

テレビ番組(アイドル・ジャニーズは特に) エロ・H系動画

有名人・芸能人の名誉を傷つける動画

 

などです。

タグに独特な文字を入れているか?

youtubeには動画の種類を分類整理するために、ひとつひとつの動画にタグをつけることができます。一般的にはカテゴリよりも小さい分類となります。このタグに、誰も使わないような単語を含めてアップロードします。そうすると、あるひとつの動画がヒットしたときに、関連動画に自分の動画が載りやすくなります。

 

説明欄に関連動画の情報が入っているか?

説明欄に何も書いてない動画は本当にもったいないです。

 

説明欄に記載する項目としておすすめなのは、他人の人気動画情報を載せることです。説明欄にあなたの動画と同じジャンルで、他の人が作った動画のタイトルとURLを載せると、関連動画にあなたの動画が載る可能性が高まり、再生回数が増えます。

 

チャンネル登録をお願いしているか?

良い動画を作れば自動的にチャンネル登録される、と思っている方も多いですが、これは間違いです。youtubeには競合がたくさんいますので、視聴者はすぐにあなたのもとを去ってしまいます。

 

それを防ぐためにはチャンネル登録してもらい、ユーザーを自分の動画に囲い込みましょう。チャンネル登録をお願いするのは媚びていて好きじゃない、という方もいますが、これももったいない思考です。変なプライドは捨てて、動画内でも、説明欄でも素直にチャンネル登録をしていただくお願いをして下さい。

 

SNSと連動しているか?

ツイッター、FacebookなどのSNSとyoutubeを連動させて下さい。youtubeに興味のないユーザーも取り込むことができるし、ツイッターでバズる可能性もあります。

 

炎上しやすい・コメントしやすい動画を作っているか?

再生数を上げるのに炎上やコメントを利用するのもひとつの手です。コメントした人はそのコメントに付いたGOOD、BADボタンを確認しにくるし、コメントに対する返信も見に来るためです。コメント欄がにぎわうとそれに比例して再生回数が伸びます。

 

炎上・コメントしやすい動画を作るのが良いですが、どんな動画だったら炎上やコメントしやすいでしょうか?事件、事故、不祥事、不倫、などややマイナスイメージのある動画にコメントが付きやすい傾向があります。

 

動画の長さは適切か?

動画を見る人はあなたの動画を探しにきたわけではありません。何かおもしろい動画がないか探してあなたの動画へたどり着きます。そしてあなたの動画にたどり着いた人はたいてい時間がありません。

 

仕事の合間だったり、勉強だったりちょっとしたスキマ時間にyoutubeを見ているからです。そのスキマ時間に見る動画が30分もの長尺だったらどうでしょうか?すぐに他の動画にいってしまうでしょう。スキマ時間に見れる動画時間とは3~5分ではないでしょうか。

 

視聴者維持率をチェックしているか?

視聴者維持率というものをご存知でしょうか?視聴者維持率とは、視聴ごとに動画全体の何パーセントが見られているかの平均値です。

 

60秒の動画があったとして、平均30秒しか見られなかった場合は50%ということになります。面白い動画はこの数値が上がりますし、つまらない動画は数値が下がります。

 

良質な動画でも100%にはならず、せいぜい50%程度です。もしこの割合が30%を下回るとyoutubeから、価値のない動画と見なされ、関連動画に載りにくくなり、再生回数が落ちる原因になります。

 

ターゲットを想定しているか?

あなたの動画を見る人はどんな人ですか?

子供、大人、男性、女性、学生、これを始めに設定してから動画を作ります。あなたが作りたい動画を作るのでなく、ユーザーが見たい動画を作る。これがyoutubeの再生回数を増やす基本です。

 

タイトルに英語を含めているか?

面白動画などの場合、ターゲットとなるユーザーは日本人ばかりではありません。タイトルや説明文に英語も表記することでグローバルに動画を配信できます。

 

日本人のyoutubeユーザーはせいぜい1億人ですが、英語を話す人は17億人。英語表記にするだけで17倍もの人々にあなたの動画を紹介できます。

 

グーグル翻訳

https://translate.google.com/?hl=ja

 

まとめ

いかがでしたか?youtubeで再生回数を増やすための最低限するべきことを挙げてみました。

 

「ほとんど知ってたよ」

「ひととおりやってるけど稼げてないよ・・・」

 

と思った方、ごめんなさい。私の実力不足です。

 

おわびにすばらしいyoutube教材をご紹介します。

私は以前この教材を99800円で購入し(もちろんローン払い)、月に数万円ですがお金を稼げるようになりました。

 

この教材はゼロからyoutubeで稼ぐためのノウハウが詰まっています。

この教材にはノウハウだけでなく、youtubeの再生回数を自動で増やすツールも3種類付いてきます。

マニュアルどおりにツールを動かすだけで再生回数が増えます。おそらく普通にやるより再生回数が10倍は増えるでしょう。

 

私がもしこのツールを使わなかったら、youtubeでお金稼ぐのは無理だったと今では思います。このツールだけでも10万円以上の価値があると思っています。

 

あなたへのプレゼント

お待たせしました。お約束のプレゼントです。

私が99800円で購入したyoutube教材、これが今、

 

期間限定で無料配布されています。

 

「私の払った99800円、何だったんだ・・・」

 

こんな寂しい思いもありますが、この教材のおかげでyoutubeで実際にお金を稼いで、元は十分にとれたので良しとします。

 

youtubeをこれから始めたい方、まだ稼げていない方、期間限定公開なので、ぜひもらっておいて下さいね↓↓↓

 

コンテンツマスター塾ZERO

(このサイトでメアド登録するだけで、youtube教材・ツールだけでなくブログや電子書籍の教材もセットでもらえます)