「禅」の教えに影響を受けたスティーブ・ジョブズと日本との深い関わり

 

スティーブジョブズは、

「時折、革命的な製品が出てきてすべてを変えてしまう」

と言ったが、彼はまさにそれを実践し、世の中を変え続け、現在のアップルの躍進はご存知の通り。

 

シンプルさを美徳とし、細部にまで洗練を求めたジョブズのものづくりは、日本で特に大きな共感を得続けている。

 

ジョブズと日本の最初の接点は「禅」だった。

かつてのジョブの青春時代、カウンターカルチャー全盛の時代とは、1960年代から70年代前半、若者が「物質万能主義」に疑念を抱き、精神世界に関心を向けた時だ。

ジョブズも、72年に大学に入ると東洋思想に傾倒していく。

 

なかでも仏教や禅には強い影響を受けた。

 

「情報空間」から望むものを取り出す方法とは?

 

彼は生まれてすぐに養子に出され、若い頃は、自分探しで色々なことを試行錯誤した。

 

インドで修行をした時期もあった。
そんな彼が最後に行き着いたのが地元カリフォルニア州にある禅センターだった。

 

 

 

乙川禅僧に30年師事したジョブズ

 

髪(ていはつ)もせず、2度の結婚と同棲を繰り返し、酒にもお金にもルーズだった師匠の乙川禅僧。

 

大学構内を裸足で歩き回り、シャワーも浴びずにバイト先でも孤独な夜勤に振り回されるジョブズにとって、私生活も精神も融通無碍(むげ)な乙川は恐らく魅力的に映ったのだろう。

 

カリフォルニア州ロスアルトス市に「俳句禅堂」の住職となった乙川氏。

 

ちょうど同じ町に実家のあったジョブズは、75年頃より俳句禅堂に出入りするようになる。

 

後年85年に、当時のCEOジョン・スカリーとの対立からアップルを飛び出し、「NeXT」を設立したジョブズは、その時に乙川師を自社の「宗教顧問」として招いている。

 

おそらく仕事人生のなかで最大の試練を迎えたジョブズは、このとき師にすがるような気持ちだったのではないだろうか。

 

事実、自らの結婚式にも乙川氏を招待したし、その後も曹洞宗に強く惹かれ、福井県の永平寺で出家しようとして止められたことさえもあるという。

 

 

乙川氏は64歳の時、スイスの池で溺れかかった5歳の二女を助けようとして自身も溺死。

 

突然の訃報に当時のジョブズのショックは計り知れなかったと思われる。

 

スティーブジョブズの究極のマーケティング手法とは禅だった!?

 

世界各国で瞑想指導を行っている住職の山下良道氏は米国での布教経験もある。

 

山下氏は、ジョブズにもたらした禅の影響について語る。

 

「彼はマーケティングを一切しなかった。座禅によって自分の中に下りていき、自分が本当に望むものを徹底的に見ようとした。

 

自分の深いところから来るものを作るから、製品は相手の深いところを揺さぶる力を持っていた。

 

自分は一体何を望むのか。それを探るのが彼の究極のマーケティング・リサーチだったのでしょう」

 

また後年彼が実際に語ったところによれば、

 

「抽象的思考や論理的分析よりも直感的な理解や意識のほうが重要だ」

と禅の影響について述べている。

 

ジョブズが2005年に米スタンフォード大学の卒業式で行った有名な演説がある。

「私は毎朝、鏡の中の自分に向かって、『今日が人生最後の日だったとしたら、今日の予定をやりたいと思うだろうか』と問いかける。

 

『No,ノー』の日が続いたら、何かを変えなければいけない」

 

禅とマインドフルネス。呼吸と体の感覚を観察すること。

 

「サティ」という言葉がある。

 

「いま、ここ」への気付き。

過去にも未来にも行かず、今、自分がしていることに本当に気付いていることを意味する。

 

自分に日々問いかけ、その時に本当にしたいことをしなければいけないと言っている。

普通はそう思ってもなかなかできない。

 

だって空気を読んで、皆に好かれる生き方をした方が楽だから。

 

 

しかし、ジョブズは違った。

 

「心の深くへ下りていき、普段のモノの見方とは違う、もう一つの視点をキープしようとした。そのために坐禅を使ったのでしょう」

 

現時山下氏は、欧米から“逆輸入”された「マインドフルネス」を日本の禅に再度注入し、日本仏教界の再生・発展を促そうとしている。

 

あなたのマインドを高め、ネットスキルを磨く方法とは?

 

なぜ、スティーブジョブズは、PCの「内部基板」にまで究極の美しさを求めたのか?

 

 

禅の一派である曹洞宗の開祖・道元の教えには、

 

「内面をよくして外面を飾らない」という言葉が出てくる

 

ジョブズは、チップや回路をいつもシンプルで魅力的な配置にしたいと考えていた。

 

技術者たちはマザーボードをのぞく者など誰もいないと反論したが、これに対しジョブズが放ったのが以下の言葉であった。

 

「偉大な大工は、見えなくてもキャビネットの後ろに”ちゃち”な木材を使ったりしない」

 

(桑原晃弥『スティーブ・ジョブズ名語録』PHP文庫)より

 

 

 

参照:曹洞宗の鈴木俊隆(しゅんりゅう)老師による『禅マインドビギナーズ・マインド』(サンガ新書)

 

 

この記事を書いた人

TAKA
TAKA
かつて都内の大学2年生で起業。

その後レディスアパレル事業を25年経営。
現在は、Webビジネスをしながらドテラに参加しています。

出会う方に話を伺いながら、学んでいきたいと思っています。

 

[アフィリエイトSEオリジナル」のネットビジネスの教材を無料で手に入れる

安全ですので安心してクリックください
 

または、ページ中盤か最下部の「無料登録はこちらから」をクリックし、メアド登録されますと、すぐに最新ネットビジネスの教材サイトへのURLとパスワードが発行されます

 
全ての内容についてご質問があれば、「affse.info についてお問い合わせ」とお書きいただき、
”yurizou24@gmail.com" まで、すぐご連絡ください。

TAKAの詳しいプロフィールはこちらから