ネットビジネスって幅広い分野、種類があります。

すぐ思いつくだけで、アフィリエイト、Youtube、クラウドソーシング、せどり、FXや株式のデイトレーダーなんかも入りますかね。

 

それぞれの中でさらに種類が分かれますので、ネットビジネスには数えきれないほどの分野があることになります。

 

それらの分野で成功した先駆者たちが、編み出したノウハウを情報商材としてネット上で販売しています。

これらのノウハウをとりあえず購入して、じっくり腰をすえて実践することなく、次から次へと手をだして、乗り換えていく人のことを「ノウハウコレクター」といいます。

 

「それって自分かも」と思ったら、この記事を読んでみてくださいね。

 

 

ノウハウコレクターになっちゃう理由

ノウハウコレクターになっちゃう人って、以下の特徴があると思います。

 

1. ネットビジネスは「簡単に」稼げるはず、と信じている

2. 全ての知識やノウハウを最初に一気に習得しようとする

3. 成功者が「どれくらいの作業量を積み上げたか」を知らない(わかっていない)

4. 自信がないので、できるだけ多くの知識がないと失敗する、と不安を感じている

5. しばらく稼げないと嫌になる

6. やり切る決意がない

 

それでは、もう少し詳しく見てみましょう。

 

1.「簡単に」稼げるはず、と信じている

ネットビジネスのうたい文句を見ていると、「はじめて〇ヶ月で月収〇十万円」とか、「〇〇するだけで年収〇百万円」とか書いてあることが多くあります。

ネットビジネスをやったことがないと、さも「簡単に」稼げそうに思えますよね。

 

心の底では「そんなことはないだろう」と思っていても、「ひょっとすると、自分の知らない方法があるのかも」とも思って、しかもそう信じたくなります。

 

「簡単に」稼げる、なんてことはありません。

 

どんなビジネスでも、稼ぐということは他の人からお金を払っていただくことなので、誰だって努力もしないで簡単に済まそうとする人に、お金を払おうなんて思いませんよね。

 

お金を払ってもらうには、それに値いする価値を提供しなくてはなりません。

そして、価値を提供するには、それだけの価値を作り出す必要があります。

 

価値を作り出すには、ベースがあって、スキルを磨いて、実践し続ける必要がありますから、「簡単に」できるはずはありません。

 

当たり前のことですが、最初のうたい文句から、本当に「簡単に」稼げることを期待して内容を見ると、がっかりして取り組まなかったり、成果が出る前に止めてしまうことになります。

 

 

2.全ての知識やノウハウを最初に一気に得ようとする

知らないことや、なじみのないことを取り組むときに、すべての知識を最初に一気に得ようとするタイプの人っていますよね。

 

私も、ネットビジネスなんてやったことがなかったので、とにかく不安だし、何かやればいいか、その次には何をやればいいか、とネットで記事を読みまくったり、情報商材をいくつも買ってしまったり、とやっていた時期がありました。

 

そうなると、調べても調べても、また調べることが出てきて、いつまで経ってもはじまりません。

それどころか、他のノウハウに目移りして、また一から調べ直しになったりします。

 

その悪循環で、ノウハウコレクターの出来上がり、ですね。

 

 

3.成功者が「どれくらいの作業量を積み上げたか」を知らない

「1年でネットビジネスで成功して会社を辞めた」とか、「月収100万円以上稼いで海外で暮らす」とか、成功者がネットの中にたくさんいます。

 

「じゃあ、俺も来年には会社を辞めて自由の身だ!」と思いますよね。

 

でも待ってください。そういうブログを見たときに、その記事の多さや、内容の濃さを感じてみてください。

 

一体、成功者はどれだけの時間をかけてきたのでしょうか。

一本の記事を書くにも、いろいろと調べて、構想を練って、何度も書き直したりしているはずです。

 

それだけの時間を集中して使うには、「簡単に」稼ぐことを夢見て、あちこちよそ見している時間があれば、とにかく作業を続けること、とにかく始めることが大事です。

 

4.自信がないので、できるだけ多くの知識がないと失敗する、と不安を感じている

不安を感じると、人間は先に進めなくなるものです。

ただ立ち止まったり、「自分にこのノウハウは合わないや」と言い訳して取り組まなかったり、不安がなくなるまで調べまくったり、してしまうのです。

 

5.しばらく稼げないと嫌になる

他の人に価値を認めてもらって、お金を払ってもらうには、ある程度以上の積み上げが必要です。

それは量であったり質であったりしますが、時にはずれた方向に進んでいるのを修正したり、とかの必要もあります。

 

ですので、「簡単に」成果がでないことが大半なのですが、もう少しのところであっても、「稼がないからもういいや」と諦めてしまうことが多いのです。

そして、次のノウハウを探しにいく、、、ノウハウコレクターの出来上がり、ですね。

 

「石の上にも3年」は長すぎますが、いったん始めたら3か月は努力を続けてみましょう。

 

 

6.やり切る決意がない

最後の、この「決意」が非常に重要だと思います。

 

誰でも心の中では「簡単に」稼げるわけはない、と知っているのです。

なので、夢のようなことを信じるのではなく、これと決めたノウハウに、「決意」をもって本気で粘り強く取り組みましょう。

 

「決意」がなければ、1~5が原因になって、永遠にさすらうノウハウコレクターにになってしまいます。

 

 

ノウハウコレクターの罠から脱出するには?

もうお分かりですよね。

ノウハウコレクターになっちゃう理由を逆にすればいいんですね。

 

1. ネットビジネスは「簡単に」稼げるわけない、と理解する

→最初から「努力が必要だ」と分かっていれば、人間は対応できるものです。

 

2. 知識やノウハウは必要に応じて得ればいい、と割り切る

→必要になったときに習得すれば十分です。

 

3. 成功者がどういう努力を積み上げたかを具体的に知る

→くじけそうになったら、成功者のブログやメールの数なんかを見て、モチベーションを保ちましょう。

 

4. 多くの知識がないことに不安に感じない

→2.と同じですが、誰だって何もないところからスタートして、「徐々に」知識を増やしています。

最初からすべて知識を持っている人なんていないので、安心してください。

 

5. 稼げなくても一定期間は止めず、うまく行かなくても原因を確認する

→中途半端にやめないで、最低3か月はやりましょう。稼げなかったら、何がいけないか確認するのも大事です。

 

6. やり切る決意を固める

→思った通りいかなくても、いろいろな用事で毎日はできなくても、やり続けることが最も重要です。

 

自分に合いそうなノウハウを見つけて、やると決めたら最低でも3か月は集中して本気で取り組みましょう。

 

 

最後に

最後に、どうしてもうまくいかないときに、自分ではどうしていいかわからなくなる時があるかもしれません。

 

そういうときの対処法を挙げておきます。

 

・メンターを見つける

・仲間を作る

この2つが有効だと思います。

 

メンターとは指導者のことですが、ノウハウを見つけるときに、メールマガジンに登録したり、気に入ったブログを参考にしたりしますよね。

 

その中には、有料だったり無料だったりでコンサルティングをしている人がいます。

自分の考え方に合いそうな相性のよさそうな人を見つけて、教えを乞うのはいいと思います。

はっきり言って、独学でやるより、何倍も効率的に学べるだけでなく、成功確率が格段に上がります。

 

ノウハウを集めて優劣を比較するより、相性の合いそうなメンターに教えを乞えるかを基準にする方がいいと思います。

詰まるところ、成功してお金が稼げればいいとすれば、ノウハウよりメンターです。

 

 

仲間ですが、実際に集まるというより、同じノウハウを実践する仲間がチャットできる場ですね。

同じノウハウを毎日頑張っている仲間から、「自分も頑張らなきゃ」と元気をもらえますし、実践にあったての細かいノウハウも共有し合えます。

 

私が現在取り組んでいるネットビジネスを最後に紹介しておきます。

興味があったら覗いてみて下さいね。

↓  ↓

goo.gl/9DK5DY

この記事を書いた人

スカイ
スカイは好奇心旺盛な中年サラリーマンです。
サラリーマンは安定してるように見えますが、給料は上がらないどころか、会社はスキあれば下げようとする時代ですよね。
サラリーマンだって自営業と同じで、一寸先は闇です。一緒に転ばぬ先の杖を考えましょう。