パソコンひとつで簡単に、手軽に始められる起業や副業について考えてみましょう。

一口にネットビジネスと言っても、ちょっと前のように「なんか怪しい」イメージはなくなってきましたが、「どうやるの?」「どれくらい稼げるの?」と、よく分からないことが多いし、だから不安にもなりますよね。

 

ネットビジネスは、「リアルな会社や店舗の代わりにインターネットを利用している」、ということが、理解の一つの切り口になります。

 

リアルな世界で、会社や店舗で経営する立場と、そこで働く立場とがあるように、ネットビジネスでも「お金を稼ぐ」のに、その両方の立場があります。

 

今回は、その視点も考えながら「ネットビジネスってどう理解したらいいんだろう?」を考え、最後に具体的な方法に触れますね。

 

 

ネットビジネスってどう理解したらいいんだろう?

ネットビジネスの最大の特徴は、なんといっても「パソコン一台あればできる!」ですね。

 

この最大の特徴から、自然に次のメリットが出てきます。

 

1.場所を選ばない

会社や店舗に行く必要がないので、どこでもできます。

家でやってもいいし、喫茶店や図書館でも、自分の気分に合わせて好きな場所でできるのは大変な魅力です。

 

2.時間を選ばない

主婦が家事の合間に、サラリーマンがアフターファイブの自分の時間に、プチ起業や副業としてお金を稼ぐのにとても適しています。

 

3.場所に関するコストがかからない

会社や店舗であれば、自社物件でも賃借物件でも、それなりにコストがかかりますよね。

仕事をする事務所だけでなく、物を販売するなら、在庫を置く場所も用意しないといけません。

机や電話、パソコンも事業用に買わないといけませんし、家から仕事場に移動するための交通費もかかります。

 

しかし、ネットビジネスであれば、仕事のために何かを購入したり、わざわざ移動したりする必要はありません。

物を売る場合も、多くの場合は、自宅の余った収納スペースを活用できることが殆どです。

 

4.失敗しても失うものが少ない

基本的に、仕事をするのに特別なものを購入した訳ではないので、失敗したり、「自分には合わない」と思って止めたとしても、失うものがほとんどありません。

 

せいぜい、それまでに使った時間くらいでしょうか。

ネットで何か販売していて在庫が残っている場合は、ディスカウントして処分する必要があるかもしれませんが、リアルに起業するのに比べれば大した金額にはならないでしょう。

 

ネットビジネスで注意しておくことは?

 

ネットビジネスのメリットやリスクを挙げましたが、いいことづくめに見えますね。

 

でも、始める前に、多くの人が挫折する理由について、挙げておきたいと思います。

 

それは、「コツコツやり続けるのがタイヘン」ということです。

 

ネットビジネスは「コツコツやり続ければ誰でも稼げる」ということがよく言われていますし、私もそう思います。

 

でも、これが曲者です。

場所も時間も選ばない、ということは、「後でもいいや」と思ってしまい、最後にはやらなくなる人が実に多いんです。

 

会社だと仕事をやらないとすぐに注意されますが、自分一人で自宅でやるネットビジネスは、仕事をしなくても誰にも注意されないんです。

この孤独な環境で、何か月も、何年も、「こつこつと」やり続けるのが、最大の難関になってきます。

 

この点は、いつも自分に言い聞かせて、休むことはあっても、止めないようにやっていきましょうね。

 

 

簡単にはじめられる3つのネットビジネス

 

自分の好きな場所と時間で、自由に仕事ができる、そして月数万円の副収入から、上手くやれれば大きな収入を得る可能性もあるネットビジネスですが、何から始めればいいか分からない人も多いですよね。

 

今日は、簡単にはじめられるネットビジネスを3つ挙げてみました。

 

ネットビジネスは、失敗しても失うものが基本的にないので、まずは簡単にはじめられるものから、失敗を気にせずやってみましょう。

 

 

1.クラウドワークス

ネットビジネスをとにかく始めてみたい人に、仕事を探すのにオススメなのがクラウドソーシングの「クラウドワークス」です。

 

クラウドワークスは会員数150万人以上を抱える大手で、官公庁や上場企業も多く仕事を発注しています。

 

在宅でできる仕事がほとんどですし、「経験不問・スキル不要」というカテゴリもあるので、まず始めるのに最適です。

 

・ブログの記事原稿執筆

・商品のレビュー

・近くの脱毛ショップの店頭写真を撮ってくる

 

いま書いたのは仕事を「受注する」側で、発注側から提示される金額で仕事を受注するので、パートみたいなものです。

 

クラウドワークスは、仕事を「発注する」側にもなれますので、しばらく受注してみて、ネットビジネスに自信がついてきたら、発注してみるのもいいと思いますよ。

 

クラウドワークスはこちら → 【クラウドワークス】

 

2.BASE

ネットで「何かものを販売してみたい」という人に向いているのが、BASEになります。

 

もちろんヤフオクやメルカリでもできますが、ちゃんと自分の「店」や「ブランド」としてやってみたい、という時ですね。

自分でアクセサリーを作ったり、海外の珍しい商品を個人輸入したり、そういったものを多くの人に楽しんでもらうのにいいですね。

 

リアルな店舗と違い、ネットショップなら、以下のメリットがあります。

 

・店舗や酢タップなどのコストがかからない

・年中無休、24時間営業! それも、自分が店頭に立っている必要なく、ネットが勝ってにやってくれる

・ネットの見れる場所にいる人なら、日本中どこにいる人でも対象になる(英語サイトにでければ世界中!)

 

 

BASEにはすでに20万以上のネットショップが出店しているようですが、楽天市場やYahooショッピングより使いやすいメリットがあります。

 

・簡単に開設でき、審査もない

・高機能なオプションも無料で使用できる

・直感的に操作できる使いやすいシステム。最初はシンプルに、必要に応じてオプション機能を追加できる

・スマホでも操作しやすい管理画面

・決済も、クレジットカード/銀行振込/コンビニの3つが、月額利用料なしで導入できる

 

決済手数料は4%程度~6%と少々高めですが、商品発送後に入金確認ができなくてもBASEが商品代金を保証してくれるメリットがあります。

いずれにせよ、リアルに店舗やスタッフを構えるコストやリスクを考えると大した金額ではありませんね。

 

BASEはこちら → 【BASE】

 

3.ココナラ

BASEは「モノ」を売るサイトでしたが、ココナラは「コト」を売るサイトです。

 

自分ができることや、思いついたアイデアを、そのまま商品にして売ることができます。

 

・読み上げ、ナレーション

・タロット占い

・話し相手になる

・似顔絵を描く

 

なんでもあり、という感じです。

思いついたら、とりあえず売りに出せばいいんです。リスクなんて特にないんですから。

ハードルが低くなった感じがしませんか?

 

ココナラはこちら → 【ココナラ】

 

 

最後に 

ネットビジネスをどう理解したらいいか、そして注意点を挙げたうえで、簡単にはじめられるサービスを3つ紹介しました。

 

自分に合うビジネスって、誰だってなかなか見つかりません。

だから、「とりあえずやってみる」ことがとっても大事なので、まずは自分の中でハードルを下げないとなりません。

 

今回挙げたサービスは、いずれも簡単にはじめられます。

とりあえずやってみて、続けられるものが、自分に合っているはずです。

 

ちょっとした成功体験を得ると、どんどん違うもの、もっと工夫して稼げるもの、にチャレンジしたくもなります。

やってみることにリスクはないので、最初の一歩をぜひ踏み出してみてくださいね。

 

私が、現在やっているビジネスへの入り口を下に貼っておきます。

興味がわいたら、一度見てみてください。

↓   ↓

https://goo.gl/9DK5DY

この記事を書いた人

スカイ
スカイは好奇心旺盛な中年サラリーマンです。
サラリーマンは安定してるように見えますが、給料は上がらないどころか、会社はスキあれば下げようとする時代ですよね。
サラリーマンだって自営業と同じで、一寸先は闇です。一緒に転ばぬ先の杖を考えましょう。