ネットでたくさんの人を集めることができるようになったこの時代。

 

ネットワークビジネス

に誘われたことがある人もいらっしゃるかと思います。

 

実際、私もネットワークビジネスの参加を勧められたことがあります。

 

最初は、私も多くの人と同じようにネットワークビジネスに対して

「胡散臭いんじゃないの?」

「危険なビジネス」

といった悪い印象を抱いていました。

 

というのも、ネットワークビジネスの

「ピラミッド状に組織が広がっていく」

ということに違和感を感じてしまったからです。

 

でも、結局のところ参加しました。

 

・・・なぜ、私はそんな怪しいビジネスに手を出したのか?

ネットワークビジネスにはどんな可能性があるのでしょうか?

 

今回は、ネットワークビジネスで感じた

矛盾と可能性

についてまとめていこうと思います。

「一番下はどうするの?」

 

・・・私がネットワークビジネスに

参加するのをためらった最も大きな理由は

「一番下の階層の人が買うメリットがない」ということです。

 

多くの場合、ネットワークビジネスの会員になって

商品を購入することで、紹介報酬を受け取ることができます。

 

ですがピラミッド状に組織が広がっていく

ネットワークビジネスにおいて、一番下の階層の人は

商品を購入しても意味がないように思われます。

 

いくら商品を購入したところで、

自分に紹介者がいなければ

紹介報酬を得ることはできませんし、

ただ出費がかさむように思われるからです。

 

「ということは、一番下の人はそのうち解約してしまうから、

どんどん下から組織が下から腐っていってしまうのではないか?」

 

・・・組織がどんどん広がっていくという

ネットワークビジネスの理想像と

私のイメージでは矛盾が生じてしまったわけです。

 

しかし、そんな私の抱えていた矛盾を解消してくれたのが

「一番下の階層の人はそのまま商品を購入し続ける」

という事実です。

 

最初、私はそれにびっくりしてしまいました。

 

なぜ、紹介報酬を得られないのに商品を購入し続けるのか?

なぜ、出費がかさむのに下の階層の人は商品を買うのか?

 

その理由はすごく単純でした。

 

それはひとえに「商品の価値がその対価に見合っているから」です。

商品力がないものはダメ!

 

うまくいっているネットワークビジネスは、

とにかく商品自体に魅力があります。

 

実際私が参加しているネットワークビジネスは、

商品のリピート率はかなり高く、

多くの人が満足して「再び買う」という選択をしています。

 

つまり、一番下の階層の人は

単なる消費者として商品を購入している

わけなんです。

 

そのため、報酬が得られようがなんだろうが

商品を購入してくれているわけなんです。

 

ここからわかることは、

「参加するネットワークビジネスの

商品自体に魅力がなければ、

そのビジネスはダメになっていく」ということです。

 

悪質なネットビジネスでは、

・高い商品を毎月強制的に買わせる

・値段に見合っていない製品を売りつける

なんてことがあるみたいです。

 

そういった類のものは、いずれ破綻していきますから

ビジネスとして参入する価値はないわけです。

 

一方、私の参加するネットワークビジネスでは、

製品の購入義務はありませんし、値段も価値に見合ったものです。

 

ですから、うまく組織が拡大し

ビジネスとして成立しているわけだったんです!

「誰でも稼げる」わけじゃない!

 

また、「ネットワークビジネスは

人を2~3人紹介すれば簡単に稼ぐことができる」

といった説明をされることがありますが、それは間違いです。

 

確かに理論上はそうなのですが、

実際に2~3人の人を紹介しようとすると結構大変です。

 

また、自分が紹介した人が同じようにうまくいくわけでもありません。

時には紹介した人が解約してしまうこともあるわけですから、

「2~3人紹介したから終わり」というビジネスではないわけです。

 

そもそも、どんなビジネスであれ

誰でも簡単に稼ぐことができる

なんてものはありません。

 

「誰でも稼げると言っていたのに!!」

「話が矛盾している!!」

なんて文句を言う人もいるみたいですが、

そういった人はそもそもの前提を理解していないわけです。

 

「一部の人が稼ぐことができるビジネス」

これがネットワークビジネスです。

 

しかし、うまく組織を構築すればすごいですよ(^^♪

 

それこそ「権利収入」を得ることもできます。

所ジョージから学ぶ! ネットワークビジネスの凄さ

 

ネットワークビジネスは簡単には稼げません。

 

だからこそ、うまく組織を構築することができれば

簡単にはその仕組みは崩れないわけです。

 

集客がネットでも簡単にできるようになったこの時代、

ネットワークビジネスには大きな可能性があるのではないでしょうか?

 

(まあ、こういったことを聞いても

ネットワークビジネスが怪しい

と感じているのであれば、やはりそういった人は

参入しない方が、この業界のためにもいいのかもしれません)

まとめ

 

今回はネットワークビジネスに関する「矛盾」について考えてみました。

 

冷静に考えてみると、多くの人が感じる「矛盾」の正体は、

「ただ単に知らないこと」なのではないかと私は思います。

 

実際、この業界には多くの人を引き入れようと、

・間違った説明

・誤解を招くような話

をしてしまう人もいるみたいです。

 

「誰でも簡単に稼げる」

という間違った説明をしてしまうがために、

矛盾や混乱が生じてしまい、

ネットワークビジネスの悪いイメージ

が未だに残っているのが現状です。

 

個人的にこれは非常に残念なことだと思いますし、

もっと多くの人に「ネットワークビジネスの可能性」

について知ってもらいたいと思っています。

 

興味のある方はぜひ一度、無料の web セミナーを受けてみてください。

⇒⇒無料のwebセミナーを受けてみる

この記事を書いた人

W.T.
W.T.
Youtubeアフィリエイトを現在進行形で実践中。
ネットビジネス歴は1年ちょっとの見習い研究生です(笑)
日々どんな動画がヒットするのか模索しています!!