Google の検索エンジンに頼ったネットビジネスをやっている方、

主に「トレンドアフィリエイト」などを実践されている方は

キーワードのずらし方

がうまく稼いでいくには重要だとされています。

 

キーワードをずらすことでライバルがいない検索ワードで

上位に表示されるため、たくさんのアクセスを独占できるとされています。

 

特にブログがそこまで強くなかったり、記事数が少ない段階で

SEO的にライバルに勝てないブログを運営している方は、そういった

「キーワードのずらし」

が重要なポイントとなってきます。

 

これがうまくできないと

・何記事書いてもうまく稼げない

・上位表示されず、記事が無駄になる

な~んて悲しいことになってしまいますよ!

 

ということで、今回はそんな「キーワードのずらし方」に焦点を当てて

トレンドアフィリエイト経験者の私が解説していきたいと思います。

キーワードを「ずらす」とは?

 

「キーワードをずらす」というのは、

これから検索されるであろうキーワードの中でも、

特にライバルの少なく、そこそこ検索需要があるキーワードを狙い、

タイトル付けをして記事を書いていくと言うことです。 

 

まあ、「検索需要が多いのにそこまでライバルがいない」というのは、

なかなか厳しい条件であるため、ブログを運営していく上では、

どうしてもライバルと勝負する必要は出てくるかと思います。

 

ただ、もしもうまくライバルがいないキーワードを見つけることができれば、

ライバルを出し抜き、上位表示させてたくさんのアクセスを集められます。

 

そして、そんなブログにアドセンス広告なんかを貼っておけば、

比較的簡単にアクセスを「お金」に変えることができます。

具体的なずらし方

 

さて、では具体的にどのようにして

キーワードをずらすことができるのでしょうか?

 

ここではちょっとしたニュースからキーワードをずらして

「上位表示」させるためのコツについて一緒に見ていきましょう。

1.「疑問」はみんなが知りたい!

みなさんもニュースを見ている中で、

「これってどういうことなのかな~?」

「これに関してもうちょっと詳しく知りたいな」

と思ったことはあるかと思います。

 

実は、世の中の人もそういった疑問を抱えていることが多くあります。 

 

そして、そんな疑問を解決する時に使うのが検索エンジンであるわけです。

 

ニュースを見て疑問に思った人が、検索エンジンで

キーワードを打ち込んで調べてみたところ、

あなたのブログが上位に表示されていたら・・・!?

 

・・・当然、みんなクリックして見てくれるわけです。

 

つまり、ニュースや事件などの情報を得たときに、

あなたが疑問に思ったことなどは注目を集めることがありますから、

そういったものは早めにチェックして記事を書いて

「仕込んでおく」ことによって比較的上位表示が簡単になります。

 

ただ当然のことながら、そういったことは

ライバルも同じように考えていることが多いです。

 

したがって結局のところ、

・ライバルとどちらが先に記事を書いたか

・どちらがSEO的に強いブログを運営しているか

という問題に帰着してしまうことが多々あります。

そこで私がおすすめするのは、

「関連事項」

にフォーカスを当てたキーワード戦略です。

2.関連事項も注目される!!

例えば、〇〇というニュースが入ってきたとき、

・連想するもの

・関連する事柄や人物

も検索されることがあります。

 

〇〇というニュースに関わっていた人物名やそれをリークした人、

あるいは事件が起きた土地や、過去に起きた同じような事件など、

ニュースを見聞きして連想したこと・関連すること

なども多くの人が関心を集めやすいと言えるでしょう。

 

これに関しては正直なところ、

「経験値がものを言う」

と言っても過言ではありません。

 

様々なニュースや事件を取り扱い、記事を書いていく中で

・どういったものが検索されるのか

・どういったものが関連事項として連想されるのか

といったことは感覚的に身についてくるものかと思われます。

 

そしてそう言った関連事項をでキーワードを「ずらす」ことで、

”ライバルは思いつけない、穴場のキーワード”

で上位表示させることが可能になってくるのです。

よくやってしまう失敗例

 

私もよくトレンドアフィリエイトをやっていたのですが、

初心者の頃は「ずらし方」がよく分からずに、

ライバルの多いところを狙ってばかりいたため

全く上位表示することができず、

記事を書いても書いても報われない日々が続いていました(泣)

 

そこでここからは、そんなキーワードのずらし方がよくわからない人のために

わかりやすい事例や失敗例を挙げて、さらに詳しく解説していきます。

●検索窓で探してしまう!

 

多くの人が行ってしまう失敗例、それが

”検索窓でキーワードを探してしまうこと”です。

 

つまり、自分が記事を 書こうとしているニュースについて検索窓に打ち込んで、

予測変換などで出てきたものをキーワードとしてタイトルをつけてしまうことです。

 

・・・確かに検索窓に打ち込まれ、予測変換で出てくるキーワードは、

たくさんの人が検索するため、上位表示させることができれば

大量のアクセスを集められますが、大きなニュースの場合、

基本的にはこういったキーワードでの上位表示はかなり難しいです。

 

「ずらし」と言うからには、

競合の少ないニッチなキーワード

を狙っていかなければならないわけです。

●そもそもの検索がない!

また、うまくキーワードをずらして上位表示できても、

そもそもの「検索数」があまりにも少なければ意味がありません。 

 

自分なりに連想することができたはいいものの、

一般的にはそこまで注目を集めていないことがあります。

 

そのため、上位表示できていたものの、

そこまでアクセスが来なかった・・・なんてのもよくある失敗です。

 

「そこそこ検索はされるものの、

ライバルはあまり思いつかないようなキーワード」

を狙わなくてはならないわけで、そういったものを見つけるのは

やはり経験を積んで感覚的に理解していくことが必要だと私は思います。

 

トレンドアフィリエイトで失敗して200万円捨てた話

 

・・・ていう感じで、色々と「キーワードのずらし」に関して見てきましたが、

意外とテクニックが必要で”難しい”ということを理解していただけたと思います。 

 

実は、こんな感じで色々書いてる私でさえ、

「キーワードをずらす」というのは苦手なんですよねぇ~(笑)

まとめ

 

というわけで、今回はトレンドアフィリエイトなどで よく活用される

キーワードのずらし方

に関して、経験者の私がおすすめする方法についてまとめてみました。

 

ただ正直なところ、キーワードのずらしによってブログで稼ぐことも可能ですが、

最近ではトレンドアフィリエイトはライバルも多くなってきていますし、

何よりそういったことで上位表示をさせていることによって

「突然、ブログが圏外に飛ばされる・・・」なんてこともあります。

 

これを言ってしまうと元も子もないんですが、実は

Google自体、あまりそういった手法での上位表示を好んでいません(笑)

 

ですから「これからトレンドアフィリエイトでがんばって稼いでいこう」

となると、それなりの努力や工夫が必要でしょうし

リスクも大きい上に、ライバルとの競合は避けられません。

 

・・・私ならわざわざそんな面倒くさいことはしません。

ネットビジネスはレッドオーシャンでは稼げないのか?

 

私自身、ブログなどで用いられる「アドセンス」は

あくまで補助的な収入源であって、

ネットビジネスを本格的にやりたい人には、

もっとおすすめで価値のあるビジネスはあると思っています。

⇒⇒私がアドセンスで稼ぐのをやめたキッカケとは?

 

これからの時代、「キーワードのずらし」を使ったアフィリエイトは、

徐々に稼ぎにくくなっていくのではないでしょうか?

 

ぜひ、参考にしていただければ幸いです(^^♪

この記事を書いた人

W.T.
W.T.
Youtubeアフィリエイトを現在進行形で実践中。
ネットビジネス歴は1年ちょっとの見習い研究生です(笑)
日々どんな動画がヒットするのか模索しています!!