「ユーチューバーは稼げる」

「動画投稿するだけでお金がもらえる」

 

今や多くの人がYouTubeを

お金稼ぎのツール

として上手に利用していることだろうと思います。

 

そんなYouTubeではどのようにして稼ぐのでしょうか?

YouTubeでお金が生まれる「キャッシュポイント」についても気になります。

 

そこで今回は、「YouTubeでお金を稼ぐ」という観点から

今後のYouTubeでの稼ぎ方について考えてみたいと思います。

YouTubeで稼げるのはなぜ?

ユーチューバーと呼ばれる人たちがお金を稼ぐことができるのは

YouTubeで広告が表示されているからなんですよね。

ユーチューバーになりたい人が知るべきYoutubeで稼ぐ道筋

以前の記事でも書いたように、動画の前や途中で挿入される広告が

YouTubeの大きな収入源であり、ユーチューバーたちは人を集めて

そういった広告をたくさん表示させるため、たくさんの報酬がもらえるわけです。

◆おいしい「企業案件」

 

また一部の「大物ユーチューバー」が

企業案件

でお金を得ていることを知っている人も多いかもしれませんね。

 

・・・これはYouTubeのチャンネルを運営しているだけでは

なかなか難しいですが、それなりに大きなチャンネルになると

企業からお願いされてお金を得ることができるのです。

 

具体的に言うと

・商品レビュー、紹介

・ゲームアプリの紹介

・企業とのコラボ動画

といった動画を、企業側から

「作ってくれませんか?」

とお願いされ、それを受けてそういった動画をアップすることで

企業から特別な報酬がもらえる、というわけです。

 

企業案件は、動画一本あたり何百万といった単位で

お金をもらえることもあるため、非常においしい案件なんですよね~。

 

もっとも、こういった企業案件を受けるためには、

チャンネル登録者がそれなりを多くなければなりません。

 

・・・なかなかYouTubeを始めたばかりの人だと

こういった企業案件は受けることができないのも事実です。

 

でも、逆に言えばそれなりに大きなチャンネルを作って

人を集めることさえできれば、それ自体が大きな資産となるわけです。

 

そして私は今後、YouTubeはそういった

大きな「メディア」

としての価値が高まっていくと考えています。

1つの「メディア」へ

 

今までは、「広告を表示させて収入を稼ぐ」といったことが普通だったのですが、

これからはYouTubeを一つのメディアとして

”ビジネス利用”する人が多くなってくるのではないでしょうか?

 

「企業案件」というのも、その一つの始まりにすぎないと思います。

 

例えば、人さえ集めることができれば、

自分のビジネスを始めて、軌道に乗せることは難しくありません。

 

2017年の夏を騒がせたユーチューバーの「ヒカル」はいい例です。

 

彼はビジネスマンとしてYouTubeを利用しており、

広告収益だけではなく企業案件、さらにはそれを使って

自分のビジネスを展開しようとしていました。

 

まあ、結果は残念な感じに終わってしまったのですが、うまくいけば

YouTubeでの広告収入なんか屁でもない

くらいの規模のビジネスに育っていた可能性もあります。

 

そうなれば、今まではただの「視聴者」だった人が

「顧客」となったり、場合によっては「ビジネスパートナー」

となったりするため、YouTubeチャンネル自体が

自分に利益をもたらしてくれる資産になってくれるわけです。

 

もちろん「YouTubeで広告が表示されなくなる」なんてことはないと思いますが、

いずれYouTubeは広告を表示させて稼ぐ媒体というよりは、

1つの大きなメディアとして機能するものになっていくのではないでしょうか?

 

実際、私もYouTubeアフィリエイト実践していますが、

最近になってYouTubeの動向も変わってきていると肌で感じています・・・。

Youtubeアフィリエイト実践記 オワコンの日も近い!?

これからの時代、ますます「メディア」としての強さを増していくYouTube。

「広告収入で稼ぐ」時代の終わりも近づいている気がします・・・。

まとめ

 

ということで、今回はYouTubeのキャッシュポイントについて、

そしてそこから考えるYouTubeの今後についてまとめてみました。

 

ゆっくり最近のYouTubeを見ていると、広告が表示されなかったり、

アドセンスが停止されたりする・・・なんてことがよくあるようです。

 

実際、私のチャンネルでもいくつかの動画に広告が表示されず、

そのために収益が得られなかったことがあります・・・(泣)

一部の広告主に適していない、Youtube再審査の間は収益ゼロ!?

 

Youtube で広告主に適していないものが排除されている風潮を見ると、

だんだんYouTubeも「ビジネス色」が出てきた感じがします・・・。

 

炎上したユーチューバーのヒカルが言っていたように、

「YouTubeがテレビを超える」

存在として台頭する日も、そう遠くはないのかもしれませんね。

 

この記事を書いた人

W.T.
W.T.
Youtubeアフィリエイトを現在進行形で実践中。
ネットビジネス歴は1年ちょっとの見習い研究生です(笑)
日々どんな動画がヒットするのか模索しています!!