ネットビジネスをやっていると、

どうしても考えなくてはいけないのが「税金」ですよね?

 

20代の方や若い人がネットビジネスをしている場合、

特に親御さんと一緒に暮らしている場合は

扶養と税金の関係についてしっかりと把握しておく必要があります。

 

私自身、母親に扶養されているにも関わらず、

ネットビジネスで稼いでいた時期があります。

扶養のことに関して全く調べていなかったので、すごく戸惑いました。。

 

今回はそんなネットビジネスでお金を稼いだことにより

扶養から外れるケースについてまとめてみたいと思います。

扶養から外れるのは・・・

 

「年間100万を超えなければ大丈夫」

・・・ずっと私もそう思っていました。

 

高校や大学でアルバイトを始めた方の中にも

「年間100万を超えなければ大丈夫」

なんて話を聞いたことがある人は多いかもしれませんね。

 

ただネットビジネスをやっている場合、

しかも本業でやっている場合は話は別になってくるのです。

●ネットビジネスが本業の場合

ネットビジネスが本業の場合、(学生でも)

所得が38万円を超えた時点で扶養から外れます。

 

私の場合、月に5万円ほどの収入を得ていますから

年間60万程度の収入ですね・・・。

ただ、そこから必要経費を差し引いて

年間の所得が38万円以下

になるようにしておく必要がありますね。

 

そう、重要な事なのでもう一度言いますが、

本業でネットビジネスをやっている場合、

ネットビジネスで稼いだ金額から、必要経費を差し引いた分の

「所得」が年間38万円を超えたら扶養から外れてしまうのです!!

 

●バイト+ネットビジネスで稼いでいる場合

また、アルバイトとネットビジネスの両方をやっている方も多いことでしょう。

この場合、扶養に関してはどうなるのでしょうか?

この場合だと、

・バイトでの所得ー65万円

・ネットビジネスでの所得

この2つの額の合計が38万円を超えた時点で

親の扶養から外れることになります。

 

例えネットビジネスでの所得が10万円だけであっても、

アルバイトで93万円以上稼いでしまうと

☆給与所得:93-65=28万円

☆雑所得:10万円

・・・で、合計の所得が38万円となりますから

親の扶養から外れることになってしまいます。

親の負担も大きい

扶養から外れることにはどんなデメリットがあるのでしょうか?

実は、扶養から外れるというのは「親の負担が増える」ということです。 

具体的には、扶養になっていた時には免除されていた

税金

などを多く支払わなくてはならなくなるのです。

 

場合によっては、扶養から外れない方が家族全体で見てお得な場合もあります。

ですから、親の扶養を外れてまでネットビジネスで稼ぎたい!

という人はそれなりに覚悟を持ってやる必要があるでしょう。

ネットビジネスに反対する親を説得するためには?

※親にも大反対されるのは覚悟しておくべきでしょうね

まとめ

ということで今回は、

ネットビジネスで稼げるようになってからの扶養

についてまとめてみました。 

 

ネットビジネスを始めた当初は、

「扶養から外れるほど稼げる」

なんてことはないため、気にしていなかった方も多いかもしれませんが、

実際稼げるようになると年間38万円なんて余裕で突破してしまいます。

 

※また、今回紹介したのは扶養に関するごく基本的なことです。

親御さんの働き方や年収によっても、

色々と手続きが面倒になることもあります。

 

いずれにしても、これからの時代はもっと

ネットビジネスを本業として稼ぐ

という人が増えていくと思われます。

 

しかし、詳しい制度や仕組みを理解していないと

周囲の人に迷惑をかけてしまう場合も少なくありません

若い人や大学生の方なんかは(特に扶養してもらっている人)は

十分注意して行なっていく必要があるのではないでしょうか?

 

ぜひ、今回の記事を参考にして今後の活動に役立ててみてくださいね。

この記事を書いた人

W.T.
W.T.
Youtubeアフィリエイトを現在進行形で実践中。
ネットビジネス歴は1年ちょっとの見習い研究生です(笑)
日々どんな動画がヒットするのか模索しています!!