なんで収益化できてないの!!

 

・・・ある日、私がYoutubeの動画管理画面を見て叫んだ言葉です。

(動揺していたので、一人で部屋で叫んでしまいましたよ(笑))

 

そう、最近になってYoutubeでよく見られるようになった

「一部の広告主に適していない」現象。

 

・・・きっとこれを読んでいるあなたも、

そんなYoutubeでのトラブルを抱えてここに来たんじゃないでしょうか?

 

 

そう、Youtube アフィリエイトをやっていると、オリジナルの動画でも

「 一部の広告主に適していない」と判断されて、

作った動画が収益化できない・・・なんてことがあります。

 

通常なら動画の管理画面には、

緑のドルマーク(収益化マーク)が輝いているはずなのに、

黄色のドルマークが表示されているという状況・・・。

 

 

実際、 私のチャンネルでもいくつかの動画の収益化マークが黄色になり

「広告掲載が制限されているか、広告がまったく表示されていません」

なんて文言が書かれているのを目にしたことがあります。

 

一部の広告主に適していないと判断されて、

せっかく作った動画が収益化できない・・・なんて悔しいですよね? 

そこで今回は、Youtubeで収益化を拒否されたときの

具体的な対策

についてまとめてみました。

再審査を請求しよう!!

あなたがもし著作権的にも、Youtubeの規約にも問題なく

オリジナルの動画を作っているのであれば、

「再審査請求」することをお勧めします。

ただ、もしあなたが

・テレビ動画

・著作権を無視した動画

・アダルト系の動画

・炎上系の動画

などをアップしていて、それが収益化できなくなったのであれば

再審査請求はしない方が良いでしょう。 

 

再審査請求をしても、そういったYoutubeの規約に抵触する動画には

広告が表示されることはほとんどないでしょうし、  

下手をすれば規約違反がバレてチャンネルが消えることも考えられます。

 

Youtubeのチャンネルが消えれば、これまで積み上げてきた

動画収入が一気に0になりますから、かなり痛いですよ~。

Youtubeアカウントが消されて収入が0になった話

 

そもそも、Youtubeの規約違反なんてするべきではありませんし、

それらに抵触する恐れがあるなら目立つ行動は避けるべきです。

 

・・・しかし、Youtubeの規約違反をせず、

健全なチャンネル運営をしていて

何の問題もない動画をアップしたのに、

収益化できなくなってしまったら「再審査」をしましょう。

◆再審査請求のやり方

 

「再審査をリクエスト」のところをクリックすると、

Youtubeの内部の人が実際に「目で見て」確認してくれます。

※詳しい再審査請求のやり方について

一部の広告主に適していない、Youtube再審査の間は収益ゼロ!?

再審査に通ることができれば、収益化が認められて動画に広告が表示されるようになります。

 

再審査を回避する方法

ですが、再審査がされて広告が掲載されるようになるまで

かなりの時間がかかりますし(2~3日かかるケースが多いようです)

アップロードした動画は、数日経つと動画の旬が過ぎてしまい

そこまで再生されなくなってしまうなんてこともよくある話です。

 

また、現段階では再審査がスタートするのは

過去1週間で1000回再生

された動画のみで、それ以外は審査すらさせてもらえません。

 

Youtubeをそれなりにやっている人なら

「1週間で1000回再生」なんて余裕ですが、

Youtubeアフィリエイト初心者には、意外とハードルが高いかもしれません。

 

・・・なんか、Youtube側の本音が聞こえてきそうですね。

※あくまで、私の勝手な想像です(笑)

 

というかそもそも、自分には何の非もないのに

アップした動画の収益を得られなくなってしまうなんて、

理不尽極まりないと思いませんか?

 

 

私自身、何度もそういった目に遭ってきました。

 

オリジナルの動画を作っているのに、黄色いドルマークが

何度も何度も表示されてしまった私のチャンネル。 

 

いい加減にしろ!!

キレた私は、「再審査請求」自体を回避するための方法を見つけました。

1.まずは非公開に!

まあ、お金にならない動画なんて公開する必要もありませんから

まずは非公開に設定しておきましょう。 

(あるいは、そのまま動画を消しても良いと思います)
この際、「再審査請求」はせずに動画は放置しておきましょう。

・審査には時間がかかる

・審査に通るまで収益化できない

・・・これを避けるために、チャンネルに新しく動画をアップするのです(^^♪

2.動画の再アップロード

同じ動画を再アップロードしても良いのですが

それだとまた同じことになる可能性も高いので、

動画をちょっと変えてアップロードし直すのがおすすめです。

 

 

具体的には、動画のオープニングとして2~3秒画像を挿入したり、

動画にちょっと手を加えてみたりするといいでしょう。
そうすることで、Youtubeは

「これは新しい動画だ」

と認識してくれます。

 

・・・さて、新しくアップロードした動画はどうなっていますか?

収益化マークがきちんと緑になっていればOKです。

 

「一部の広告主に適していない」の判断は

結構ランダムに行われているみたいですから、

動画はほとんど同じでも、ちょっと変えてあげるだけで

すんなり収益化ができてしまうのです!!

 

 

再審査に通るまで待つ必要もなく、

アップしたらすぐに広告が表示されるので

この方法は今のところかなりおすすめです♪

 

※ちなみに、この方法をやってもダメな場合もあります。

 

特に、同じチャンネルでアップすると、数時間経つと

黄色のマークに変わったり、収益化できなくなったりすることがあります。

 

別のチャンネルでアップする・時間をおいてからアップし直す

・・・というのが現段階でできる裏技なのかな、と思います。

まとめ

ということで今回は、

「一部の広告主に適してない」ことで

Youtube動画が収益化ができなくなるトラブルを回避する方法

について紹介させていただきました。

 

今回紹介した方法をうまく使えば、

「アップしてすぐに収益が入る」ようになることもありますよ。

 

 

ただ実際のところ、黄色のドルマークが表示されるのは

動画アップロードした直後じゃないこともあり、

「数日経ってから収益化されてないことに気づく」なんてケースもあります。

 

そういった場合は本当にしょうがないのですが、

少なくとも動画をアップした直後に黄色のドルマークが表示されたのならば

今回のような手法でうまく収益化をさせることが可能なこともあるわけです。

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね♪

この記事を書いた人

W.T.
W.T.
Youtubeアフィリエイトを現在進行形で実践中。
ネットビジネス歴は1年ちょっとの見習い研究生です(笑)
日々どんな動画がヒットするのか模索しています!!