こんにちは。

今日、自分のチャンネルをチェックしていたら

ちょっとした”異変”に気が付きました。

 

チャンネルの収益化マークが

ちょっとおかしな色になっているのです!

 

 

そう、通常だと収益化マークは緑色で表示されるのですが

なんと一部、黄色に表示されていて収益化ができていないとのこと!!

 

よく見てみると「一部の広告主に適していない」との表示が・・・。

 

「こりゃ、なんじゃ!!」

と思ったので、今回はそんなYoutubeで収益化ができなくなった件について

詳しく解説していこうと思います。

収益化が無効に!?

どうやら、Youtube側の規約による取り締まりが

新たに強化されたみたいで、

・ゲーム実況チャンネル

・政治系チャンネル

・アダルト系チャンネル

・・・といったものが特に収益化が無効化されているっぽいです。

 

例えば、大物Youtuberの「ラファエル」さんなんかは

最近アップした動画にアダルト系の内容が含まれているとのことで

Youtubeから警告がきて、一部収益化が無効になったとか・・・。

 

また、他にも

チャンネルの動画全てが収益化無効になった 

・・・な~んて悲しい理由から動画投稿をやめてしまう人もいるそうです。

確かに、お金が発生しないのであれば、Youtubeに投稿を続ける意味はありませんからね。

 

2017年の初めには”Youtube春のBAN祭り”が行われていましたが、

最近になって、”夏の収益化無効化祭り”が新たに開催されている模様です。

Youtubeアカウントが消されて収入が0になった話

私は、春のBAN祭りだけでなく、夏の収益化無効祭りにまで参加できました(笑)

例に漏れず、私のチャンネルの動画も一部収益化無効になったわけです。

収益化できなかった動画とは!?

・・・ここまで読んできたみなさんはきっと

「どうせアダルト系の動画をアップしたんでしょ」

「著作権違反したからでしょ!!」

な~んて勝手にツッコミを入れてくれているかもしれませんね。

 

確かに、私のチャンネルも

「著作権的に完全にホワイト」

・・・ってわけじゃありません。

(というか、著作権に関して完全にホワイトなチャンネルって

Youtubeでは圧倒的に少ないのが現状です)

 

で、実際に私のチャンネルで「一部の広告主に適していない」と判断されたのが

オリジナルで作った商品レビュー系の動画

だったのです。

 

規約違反もなければ、誰かに不快な思いをさせることもない。

Youtube側が積極的に推しているような

「オリジナルの動画」

だったんです。

Youtubeの対応のワケは・・・?

なぜ、まともな動画が収益化無効になったのか?

理由はいくつか考えられます。

1.Youtubeシステムの誤認識

まあ、おそらく収益無効化された私の動画も

Youtubeのシステムが間違って認識したために

「一部の広告主に適していない」と判断されたのでしょう。

 

具体的には、

動画内で私の手が映り込んでいたので

”それが裸だと認識され、アダルト系の動画として処理された”

・・・といったところでしょうか?

(ホント、笑っちゃいますよね)

私のチャンネルには他にも手が映っている動画がありますが、

それらが全部収益化無効になったわけではなく、

一部の動画だけそういったひどい仕打ちを受けたのです。

 

ではなぜ、よりによってそこまで大きくはない私のチャンネルの

何でもない動画が収益化無効になったのでしょうか?

 

・・・あくまで個人的な意見ですが

「ランダムで選ばれた」のだと思います。

2.ランダム攻撃作戦

今回の件はYoutube側がよくやる

「誤BAN」(規約違反をしていなくてもアカウント停止にすること)

にもよく似ているな~と思いました。

 

つまり、「ランダムでチャンネルを収益化無効にする」という作戦です。

もちろん、ちゃんとしたチャンネル運営者さんは

これに対して異議を申し立てて、Youtubeに正式な審査を求めるのです。

・・・そうするとYoutubeの「人」が目で見て確認をして

規約違反をしておらず、大丈夫だと判断されたなら

再び収益化ができるようになるのです。

 

ランダムで収益化を無効化したチャンネルの中には、

本当に規約違反をしているものもあるため、

そういったチャンネルは広告がつかないままになり、

結果的に広告主に適していない動画は排除されていく・・・というわけです。

再審査請求はできるけども…

まあ、収益化ができなくなっても

再審査請求をすれば再び収益化できる可能性があります。

(再生数が少ない動画に関しては、審査すらさせてもらえませんが)

問題なのが、

「その審査の期間中は広告が表示されず

収益化ができなくなっている状態にある」

ことです。

 

なんか、無実なのに拘置所に入れられている気分です・・・( ノД`)シクシク…

無実だと判明して収益化ができるようになった時は

もうすでにその動画を見る人は

ほとんどいなくなっている可能性は十分あり得ます。

 

そうなると、わざわざ手間をかけて作った一本が台無しです(泣)

 

「これって結果的にYoutube側の損でもあるな~」

と感じましたが、同時に「Youtube側も本気出してきたんだな~」と肌で実感しました。

これからますます収益化できなくなる動画は増えていきそうですね。

まとめ

・・・ってわけで今回は

「一部の広告主に適していない」

という理由で収益化ができなくなったというお話でした。

あまりにもお粗末な対応をされてしまい、ちょっとがっかりな気分です。

 

ただ、ポジティブに考えれば、こうもとらえることができるでしょう。

「Youtubeは広告主が喜ぶチャンネルを選別している」

 

つまり、Youtube側は

・規約違反をしたいないかどうか

・変な動画に広告がついていないかどうか

と、「チャンネルをふるいにかけている」わけです。

となると、今より圧倒的にYoutube内で動画が減るでしょう。

 

Youtube広告単価が2018年にはどうなるのか徹底予測!

・・・つまり、今後は圧倒的に広告単価が高くなるかもしれませんね。

もしかするとYoutubeアフィリエイトが

そこまで浸透していなかった時期と

同じような広告単価(1再生=0.5円)にまで上がる可能性もあります。

 

”最後まで残ったものが、おいしい果実を得ることができる”

・・・というわけで、

これからますます自分のチャンネルを大事にして

一生懸命育てていこうと思います!!

 

というわけで、ライバルが少なくなるこれからの時期だからこそ

Youtubeアフィリエイトはさらにおいしくなっていくと思われます。

絶対に参入する価値はあると思いますよ!!

この記事を書いた人

W.T.
W.T.
Youtubeアフィリエイトを現在進行形で実践中。
ネットビジネス歴は1年ちょっとの見習い研究生です(笑)
日々どんな動画がヒットするのか模索しています!!