こんにちは。

この間、映画を見にいってきました♪

7月末に日本で公開となった「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」です。

これは、マクドナルド創業者であるレイ・クロックがいかにして

ハンバーガー帝国を作り上げたかを描いた物語です。

 
 

今回は、そんな映画「ファウンダー」のネタバレとレビューを交えつつ、

映画から学んだ「ビジネスの基本」についてお話ししていきます。

「ファウンダー」のネタバレ

みなさんもご存知のマクドナルド。

今や世界規模で展開されているファーストフード店です。

映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」は、

そんなマクドナルドの創業者、レイ・クロックがいかにして

マクドナルドを支配していったかを描いています。

 

※ここから先はネタバレを含みます!!

 

<ネタバレ>


マクドナルドは、最初はマクドナルド兄弟が

アメリカの小さな町で開いていた

ハンバーガーショップだったのですが、

その画期的なサービス・システムに驚いたセールスマンのレイ・クロックは

マクドナルドをフランチャイズとしてアメリカ全土に広げようとします。

 

最初はフランチャイズを断っていたマクドナルド兄弟ですが、

レイ・クロックと契約を交わし、全国展開をし始めます。

 

しかし、方針の違いから次第にマクドナルド兄弟とレイの関係は悪化します。

契約書があるため、強気に出られないレイ・クロック。

 

資金繰りも厳しくなっていく毎日・・・。

 

そんな時、彼はマクドナルドを利用して、

うまくお金を生み出す仕組みを知るのです。

フランチャイズの管理をしていた彼は、

マクドナルドに土地を貸す会社を立て、

そこにマクドナルドを建てまくり、大きな資金を得たのです。

 

建前では別会社ですので、

マクドナルド兄弟も文句は言えません。

 

そして、ついには本家であるマクドナルド兄弟を追い出し、

マクドナルドを支配するようになったというわけです。

 

最終的に、マクドナルド兄弟のお店は

「マクドナルド」の名前を使うことを禁じられ、

店を閉じることになったのです。


 

・・・というのが見てきた映画の内容です。

 

色々な困難に直面し、自宅をも担保に入れてまで借金をして

マクドナルドをより大きくするために働く

”レイ・クロックの生きざま”が理解できました。

映画を見てみて、

「マクドナルド兄弟、かわいそうだなぁ~」

と心底同情してしまいました。

 

えげつない方法でマクドナルド兄弟から

「マクドナルド」を奪って自分のものにしたレイ・クロックは

厚顔無恥を通り越してすがすがしいくらいです(笑)

 

しかし、そんな彼の姿勢からは

色々と学ぶべきことがあったのも事実です。

ここでは、私が映画から学んだ「ビジネスの基本」について紹介します!!

映画から学んだ「ビジネスの基本」

特に映画の中で印象に残ったフレーズがこちら!

Nothing in this world can take the place of persistence.

「世の中に忍耐に勝るものはない」

 

どんなビジネスにおいても、忍耐は必要なものです。

正直、才能とか努力というものは大切ですが、忍耐さえあれば

大した能力がなくても成功に近づけるのです。

「忍耐をすることは大事」、これは誰もが知っている事実です。

しかし、実際に忍耐をし続けられる人って

全体のごくわずかな数しかいない気がします。

 

例えば、ネットビジネスでは

実践者の90%以上の人が月に5千円すら稼げない状態だと言われています。

そして、その稼げない人のほとんどが稼げないまま

フェードアウトしていくのが現状です。

 

・・・言ってしまえば、ネットビジネスの業界では

9割近くの人が1年も忍耐できずに去っていくのです。

 

ネットビジネスほど「忍耐」が少なくて済むビジネスもかなり珍しいです。

普通、起業するにしてもそれなりに資金が必要ですし、人の力も必要です。

起業して本格的に軌道に乗るまで、

一般的に短くても2~3年はかかると言われています。

 

ですが、ネットビジネスでは

初期投資も少なくて済む上に、わずか3カ月で成果を出し、

1年後にはその何十倍の収入を得ることだって十分可能なんです。

トレンド動画がYoutube初心者におすすめの3つの理由 

そんな業界なのに、1年も忍耐できずにやめてしまう人がいるっていうのは

レイ・クロックから見たらただの「甘ったれ」なんだろうな・・・と思いました。

 

かく言う私も、何度かビジネスで諦めかけたことがあります。

実際、今まで心が折れそうな状態でしたが、

今回の映画を見て、もっともっとビジネスのために

全身全霊を捧げるべきだな、と深く反省した次第です。

まとめ

ということで、

今回は映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」の感想と、

そこから学んだビジネスの基本などについてまとめてみました。

 

個人的にかなり考えさせられる映画でしたし、

「マクドナルド」しがみついて意地でも離さないレイ・クロックの姿には

目を見張るものがありましたし、

創業までの苦難・困難をどう乗り越えたのかを知ることができました。

これからビジネスをやっていく人にはぜひとも見てもらいたい作品です。

ぜひ、チェックしてみてください♪

この記事を書いた人

W.T.
W.T.
Youtubeアフィリエイトを現在進行形で実践中。
ネットビジネス歴は1年ちょっとの見習い研究生です(笑)
日々どんな動画がヒットするのか模索しています!!